怒らない技術 (フォレスト2545新書)

2347viewsgraphiter88graphiter88

このエントリーをはてなブックマークに追加
怒らない技術 (フォレスト2545新書)

怒らない技術

プロローグ

・本書を通じて、「心」や「感情」をコントロールすることの重要性と簡単な方法を伝えたい

第1章 人生をうまくいかせるための「3つのルール」

もっともシンプルな成功法則
命と時間を大切にする!
起こっても結果は同じ!
すぐ怒る人は早死にする
思った通りにいかないのは楽しいこと
ゴルフは難しいから楽しい!
ビル・ゲイツだって妥協しているはず!
苦労と失敗の連続のおかげ
苦労した人とそうでない人の違い
三〇歳定年制
結果よりもプロセスが大切
私は典型的な凡人でした!
「人生の免疫力」を高めよう!
子どもには失敗させよう!
ネクスト・チャンス
ゴネ得はいずれイヤな思いをする

第2章 「あなたの感情」はあなた自身が決めている!

目の前の出来事には何の意味もありません!
人の心を左右するのは、出来事ではなく受け取り方
同じ出来事でも、どう考えたかで結果は変わる!
考え方を変えれば、感情はコントロールできる!
自分の感情が怒りを生む
子育てのイライラも
「価値観の違い」を受け入れよう!
「この人とは話をしたくないな」
本当に自分は正しいのだろうか?
友人の言葉に感じた怒りの感情は何だったのか
情報に感情をコントロールされないようにする!
怒りは脳の老化現象
人生の成果は考え方、心構えによって変わる
あなたは何のために生きていますか?

第3章 感情コントロールは人生コントロール

過去は変えられない。未来は変えられる
松下幸之助と松井秀喜の言葉
電車が来ない、バスが来ない、エレベーターが来ない
晴れたら喜ぼう。雨が降っても喜ぼう。何があっても喜ぼう
他人は変えられない
感情は行動に大きな影響をおよぼす
一流と二流の違い!
怒りは無謀をもって始まり後悔をもって終わる
「怒らない」と決めてしまおう!
「落ち込まない」と決めてしまおう!
他人のせいにするのはやめよう!
他人の言う通りにして失敗しても自分の責任
感情コントロールのレッスン「赤信号は渡らない」

第4章 「イライラ」を感じなくなる習慣

迷ったら、決断しない!
自分の欠点を利用する
常に最悪の事態を考えておく!
何よりも準備に重きを。『出かける前のチェックリスト』をつくる
自信がないので仕事も生活も分相応に
目標はできる限り低く設定する
一人勝ちできる場所を見つける!
身の周りをきれいにしておく
理想主義や完璧主義はやめる
自分の問題か、相手の問題かをはっきりさせる
秘密を持たない
大事なことはどんどん忘れる
すぐ聞くことでモヤモヤを解消する
イライラする環境に身を置かない
イライラするものから目を背ける
一方的に話さない
三合(さんあい)主義で生きる
自信があることにはわがままに生きる

第5章 自分を気持ちよくする習慣

自分の成長を自分で認める
ささいなことで自分を褒める
自分が気持ちよくなる過ごし方を知っておく
朝の時間を大切にする!
身近な人にいいところを五〇あげてもらう
気持ちを伝え合う
『疲れた』『時間がない』『忙しい』は禁句

第6章 今すぐ怒り・イライラが消える11の特効薬

神様が自分を試しているに違いない
これはちょうどいい
むかつく相手との出会いに感謝!
価値観メガネを変えてみる
その場から逃げる
第一感情を大切に
不愉快はこまめに吐き出せ
すぐに謝ろう
『まあいっか』の精神も大切
事態は変わる。だから、ちょっと我慢
それでも怒りが収まらないときは寝る

あとがき

本作品は2007年に刊行された『雨がふってもよろこぼう!』(弊社刊)を改題・再編集

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く