『現代の哲人』が明かす人生の答えが見つかる法則

2366viewsgorisangorisan

このエントリーをはてなブックマークに追加
正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる

本書は『The Breakthrough Experience』(ザ・ブレイクスルー・エクスピリエンス)の翻訳書です。
著者のドクター・ジョン・F・ディマティーニは、世界的に活躍する講演家で、自身の経験と200以上の学問の知識を基に人生の真理・原則を探求し、『ザ・シークレット』では現代の哲人と称されています。
訳者の本田健は『ユダヤ人大富豪の教え』や『17のこと』シリーズの著者で知られるお金の専門家で、以前は通訳としても活動されていました。巻末には著者との対談も掲載してあります。

『正負の法則』

人生の本質

自身の幼少期~青年期の体験エピソードと人生のバランスについて。
人生は何一つ欠けておらず、良い出来事も悪い出来事も全ては自分を中心軸(理想の状態)へ誘ってくれる為にあり、振り回される事なく受け入れバランスをとることで人生への「感謝」が生まれます。
過去に執着せず、未来を夢想するのではなく、バランスのとれた状態で「今ここ」に集中する事により最高のパフォーマンスを実現できます。

夢を生きる

自身の青年期~の体験エピソードと人生の使命(インスピレーション)を生きる方法。
理想を実現する過程には、良いことも悪いことも同じだけ起こります。大切なのは自分を成長させてくれる全ての出来事に感謝する事です。
夢を詳細に描けば描くほど実現しますが、曖昧な部分はまわりに流されてしまいます。

正負の法則

『幸せの伴わない悲しみや悲しみの伴わない幸せは存在しない』(本文p78より引用)
『愛とは「すべての二元的な知覚の完璧な融合であり、すべての両極性の調和」』(本文p79より引用)
幸せと悲しみ、苦痛と快楽、正と負・・・2つの感情を融合させると、感謝に満ちた愛と光が生まれます。
ポジティブな面もネガティブな面も、一面的なものの見方に過ぎません。長所も欠点も含めて自分には愛される価値があり、全ての人・世界にも愛される価値があります。

思いやりのある人間関係を築く

自分の価値観ではなく、相手の価値観で伝えたい事を表現することが重要。
全ての口論の本質はバランスが取れていないことです。自分の感情・互いの関係のバランスが取れていない部分はどこか考えてみましょう。
そして何より重要なのは、まわりの人を愛せる心が持てるほど自分を愛する事です。

天性の才能に気づく

天性の才能は知力や能力とは関係なく、心の声に耳を傾けて行動した結果によって生まれます。
自分の心が7つの領域において何を求めており、何を恐れているのかを知ることが重要。

7つの領域

  • 精神的
  • 知的
  • 職業
  • お金
  • 家族
  • 人間関係
  • 身体的

夢の構想-信じる事は見ること

ディマティーニメソッドにより二面性を統合することで、インスピレーションに涙し、自分を愛することができます。人生が何一つ欠けていないことを認識し、「今ここ」に集中する事ができるようになります。
この状態で愛のリスト(人生の7つの領域における目標)を設定しましょう。

夢の実現-創造の青写真

夢を明確に描き、感じ、計画し、実行し、感謝すれば夢は実現します。
しかし夢の実現を妨げる3つの障害をクリアする必要があります。

  • 目標を細分化していない
  • 偏ったものの見方に惑わされている
  • 夢が自分の大切なものとつながっていない

夢の完成-完全な円

夢を実現する過程で、今までのやり方が正しいのか分からなりますがそれは自分の成長です。
人生は何一つ欠けていない最高のおくりものなのです。

感想

ここまで論理的に人生について書かれている本は今まで出会ったことがありません。
特に物事の二面性を認識し、感情を『今ここ』に集中させる手法は気持ちが乱れるたびに行っています。人生を決めるのは過去でもなく未来でもなく『今ここ』にいる自分なのだと気持ちが整理されます。
本書のまとめを書かせていただきましたが、興味のある方は実際に著書を読んでみることを強く勧めます。少しでも内容を紹介できたことを嬉しく思います。ありがとうございました。

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる

正負の法則 一瞬で人生の答えが見つかる

  • ドクター・ジョン・F・ディマティーニ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く