明日の目覚めを変える、とっておきの方法がいっぱい!

2437viewshanakohanako

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝までぐっすり 幸せになれる眠るメソッド48

第1章 良い眠りの鍵を握るのは、実は昼の過ごし方でした

01 日本人の3人に2人が眠りに不満を持っている
02 よく眠るために、昼間に沢山ドキドキしよう!
03 大丈夫、昼の2時頃に眠くなるのは自然の摂理
04 昼寝の直前にコーヒーを飲むと目覚めスッキリ
05 時差ぼけ解消に一番効くのは、「腹時計」のコントロール
06 急がば眠れ!徹夜よりも、よく眠った方が成績アップ
07 睡眠不足はがんや高血圧、糖尿病の引き金に
08 年をとって感じる不眠は気にする必要なし
09 よく眠れば、太りにくいカラダに!

第2章 幸せな夢を楽しみに、そろそろしたくを始めましょう

10 筋トレやランニングは、寝る3時間前までに終わらせるのが快眠のカギ
11 夕食は寝る3時間前まで、晩酌は2時間前までに切り上げる
12 ぐっすり眠るために、夕食のメインに肉か魚をしっかりと
13 夜のコンビニ、スーパーが眠りを遠ざける
14 服と同じように、掛け布団を季節で組み合わせる
15 快適な羽毛ふとん選びで、着目すべきポイントは3つ
16 姿勢を支える敷きふとんと枕はセットで考えるべき
COLUMN:寝ているとき、腰にかかる体重は約半分!
17 よい敷きふとんで腰痛が楽になる?!
18 枕に乗せるべきなのは、頭だけじゃない
COLUMN:頭と首をしっかり支える、大きさと高さが肝
19 いくら高級なマットレスや羽毛ふとんでも、一生ものじゃありません

第3章 心とカラダを完全お休みモードにシフト!

20 眠る1時間前のぬるめのお風呂タイムを大切に
21 アロマは脳に直接届いて眠りへとしっかり導く
22 呼吸法による「体内マッサージ」で心を落ち着ける
COLUMN:丁寧な呼吸法で、自立神経のバランスを改善!
23 心身ともにリラックスさせるストレッチ
COLUMN:筋肉をゆっくり伸ばして、快眠へとレッツゴー
24 寝酒と煙草がキレイと快眠を遠ざける
25 締めのラーメンはダイエットだけで無く、安眠の大敵!
26 月経前や更年期には、手足をしっかり温めて
27 ベッドサイドの必需品は、聞き飽きた音楽と読み飽きた本

第4章 深い深い眠りの渕に辿り着けば、毎日生まれ変われます

28 理想的な寝室のお手本は、一流ホテルの雰囲気
29 眠りの質を左右するのは、寝入りばなの3時間
30 美肌ホルモンは、3時間深く眠れば分泌量がアップ
31 寝室に悩みを持ち込まない!
32 寝るときの靴下を脱げるくらいユルユルで
33 同じ部屋で寝ていても、夫婦で寝具は別々に
34 ほどよい寝返りの秘訣は、枕と敷きふとん
35 いびき改善の一歩は枕の見直しから
36 安心できるうつぶせ寝。実はカラダに負担が?!
37 眠る前は"なりたい自分"をイメージする
38 夢の85%以上は、不安や心配を反映した悪夢
39 どんな人でも毎日金縛りにあっている
40 からだが疲れたときは眠りが浅く長く、脳が疲れたときは深くなる
41 不眠症の最大の原因は「眠れない」という思い込み

第5章 スッキリ目覚めた朝には、きょう一日の良い予感が

42 7時間半後に目覚ましをセットすると、起きるのも辛くない!
43 カーテンを開けて、寝起きスッキリ!
44 「明日は5時起きだ」と意識するだけで、早起きも怖くない
45 良い眠りには、規則正しい朝食が欠かせない
46 快眠が翌朝のスムーズな快便を呼ぶ
47 平日に寝足りない「睡眠負債」は週末に返済OK
48 旅行先でもベストコンディションを保つための睡眠のコツ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く