大抵のことは相手が悪いのかもしれない。気にし過ぎない

23143viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
困った隣人 (幻冬舎セレクト)

私たちを悩ますストレスの原因の多くは、人間関係のトラブルや葛藤。その対策として、「基本的な考え」と「気をつけたい性格」をまとめてみました。

基本的な考え方。大抵のことは相手が悪いのかもしれない。気にし過ぎない

  • 人間関係で相手のペースに巻き込まれ、自分の方がおかしいのかな、間違っているのかな、と、思うようなとき、それはたいてい相手に問題があるものです。というのは、自分がおかしいのか、間違っているのかという問いは、ある程度自分自身を客観視する目を持っている人でなければできないことだからです。

気をつけたい性格

居座り人間

  • 私ってこういう人なの。自分を変えるつもりのない人。

怒り人

  • 思い出しただけで腹が立つ不毛な怒りで自分も他人も傷つける人。

モバイル依存型

  • 携帯忘れちゃった! ああ、不安でたまらない。

権威主義者

  • 人の意見を聞かない人ほど、自分の意見を押しつけたがる。

勘違い人間

  • 若い頃の身体イメージを手放せない。身体感覚から切り離されている。

自己不全感

  • この年齢ではもう無理…。お店持ちたかったな。

嫉妬心の強い人

  • なぜあの人だけが成功するの? 囚われれば囚われるほど苦しい。

嫌われ人

  • 自分の経験だけが正しいと思い、横柄な態度で押し通す人。

詮索好きな人

  • プライベートなことを根ほり葉ほり聞く人は信頼のおける人ではない。

最後に勝つ人

  • 今の幸せはひどいあの人のおかげ。復讐心をプラスに転じ勝利する人。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く