恋に落ちて、仲良くなった時こそ、相手を理解しよう!

6871viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
この愛を大切に育てたいから―「気づきと思いやり」の心理学 知的生きかた文庫

恋に落ちて、仲良くなった時こそ、相手を理解しよう!

親しくなるほど差がはっきりする

  • 女性はある男性と親しくなると「彼は私のしてほしいことがわかるはず」と考え、男性は「彼女は自分と同じリアクションをするだろう」と考える。
  • 確かに親密になればなるほど「相手のことならなんでもわかる」と誤解してしまうが、しかし男女はあくまで「違う星から来た」ほどに考え方、感じ方が違うので、そこを心にとめて二人の関係を見つめてみよう、そうすれば、きっとステキな二人になれる』と教えてくれます。

幸福の扉を開く7つのカギ

  • どんな愛にもトラブルはつきものです。
  • パートナーとの関係に問題があっても、自分を責める必要はありません。
  • 愛する努力をしていれば、必ず問題は乗り越えられます。
  • 浮気のような大きな過ちですら、愛によって許され、癒されます。
  • 深く愛し合っていても「男と女の真実」を知らなければいい関係は築けません。
  • 男と女は、まったく違う考え方をします。
  • 運命の人との愛を永遠にする魔法は、「男を女は違う」という真理を忘れないことです。

許すことを謝ること

  • 許されることで、謝れる。謝ってもらうことで、許すことができる。
  • 許すとは、愛することと同じ意味。つまり許すと言うことは、まだパートナーのために尽くしたい、そして相手を受け入れるられる、と自覚することなのです。
  • 謝るとは、パートナーの言っていることを理解し、かつそれが正しいと認めること、また自らがおかした過ちとそれを改める覚悟があることを認めることでもあります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く