応用情報技術者試験の教科書

2180viewsNaosukeNaosuke

このエントリーをはてなブックマークに追加
やさしい応用情報技術者講座 2013年版 (やさしい講座シリーズ)

データベース

データベースモデル

  • 概念モデル

現実の世界をそのまま分析

  • 論理モデル
実際のデータベースを表現
  • 物理モデル
ハードウェアに依存した部分まで含む

データベーススキーマ

  • 概念スキーマ

論理的な構造に基づくデータを定義

  • 外部スキーマ
アプリケーションからみたデータを定義
  • 内部スキーマ
ハードウェアを意識したデータを定義

SQL

  • CREATETABLE

表を作成する

  • PRIMARYKEY
  • FOREIGNKEY,REFERENCES
  • UNIQUE
  • NOTNULL
  • CHECK
  • CREATEVIEW
ビュー表という仮想的な表を作成する
  • ALTERTABLE
表の変更
  • DROPTABLE
表の削除
  • DROPVIEW
ビュー表の削除
  • INSERTINTO,VALUES
データを追加する
  • UPDATE,SET
データを更新する
  • DELETEFROM
データを削除する
  • SELECT
列を取り出す
  • AS
列に別名をつける
  • WHERE
条件で絞り込む
  • WHEREx.x=y.x
表を結合する
  • COUNT
行数をカウントする
  • MAX
最大値を調べる
  • GROUPBY
グループ化する
  • HAVING
グループ化したあとの絞り込み
  • ORDERBY,ASC,DESC
並べ替える
  • LIKE
パターンマッチ
  • IN
値を指定する
  • BETWEENAND
範囲を指定する
  • EXISTS
相関副問合わせ

ACID属性(トランザクション)

  • 原子性

途中で終了しない

  • 一貫性
実行の前後で一貫している
  • 独立性
同時に実行しても同じ
  • 耐久性
障害が起きても損なわれない

ネットワーク

回線制御方式

  • コンテンション方式

対等な端末が早い者勝ちで送信権を獲得する

  • ポーリング・セレクティング方式
制御局から従属局に対して問い合わせ

同期

  • 調歩同期
  • キャラクタ同期(SYN符号)
  • フラグ同期

伝送制御手順

  • 無手順

調歩同期方式

  • ベーシック手順
キャラクタ同期方式、ブロック、パリティ、
  • HDLC手順
フラグ同期方式
フレーム
CRC

OSI基本参照モデル

  • アプリケーション層

様々なアプリケーションに対応

  • プレゼンテーション層
圧縮・暗号化
  • セッション層
通信の開始・終了
  • トランスポート層
通信の信頼性を確保
  • ネットワーク層
通信経路
  • データリンク層
誤り検出
  • 物理層
コネクタ・電気信号

3層クライアントサーバシステム

  • データ層

デートベースへのアクセス処理

  • ファンクション層
必要なデータに加工する
  • プレゼンテーション層
検索条件の入力や結果の出力処理

システム開発

システムの導入から廃棄まで

  • 企画
  • 要件定義
  • 開発
  • 運用
  • 保守

開発工程

  • 基本計画
  • 外部設計
  • 内部設計
  • プログラム設計
  • プログラミング
  • テスト

開発方法

  • ウォーターフォール型
  • プロトタイピング型
  • スパイラル型

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く