超効率的な仕事の進め方

3323viewsbeat_sweetbeat_sweet

このエントリーをはてなブックマークに追加
官僚に学ぶ仕事術 ~最小のインプットで最良のアウトプットを実現する霞が関流テクニック~ (マイコミ新書)
  • 自分だけで完結する仕事か、他人が絡む仕事かを区別し、他人が絡む仕事を優先的に処理する。
  • 午前中はできるだけ頭を使って考える仕事をする。
  • 定例的な業務を行う上で気をつけることは、無駄な業務を行わないこと。

  • 現代の仕事の多くは質より量、特に大量の仕事を失敗なく時間内に処理するスピードが求められる。
  • 忙しいポジションについても、余裕を失わない人がさらに需要なポジションに就いていく。

  • 参考となる資料はアウトプットを意識しながら厳選して頭に刻み込んでいく。

  • マメに連絡をする人が効果的に人脈を維持し、新たな人脈を作ることができる。

  • 話が上手な人は、話そうとしているテーマに関するネタや、聴衆が期待しているネタを導入部でうまく盛り込んでいる。
  • 大切なのは何を話すかではなく、どう話すか。

  • 個人の裁量で決められる問題については、理詰めではなく可能な限り個人の感覚を大事にする。
  • 自分の内にあるものはコントロールできる。自分がコントロールできないもの(他人)ではなく、自分のコントロールできるものに集中することで物事を改善できる。
  • 感想

    激務といわれる官僚の世界での仕事観をこの本でちょっとだけ垣間見ました。
    大量の仕事をいかにこなすか、個人の裁量だけでなく、他人をも巻き込んで仕事をうまく進めていくことが大事かなと。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く