まず、今はじめる起業準備とマイクロビジネス例

2889viewsuguisuuguisu

このエントリーをはてなブックマークに追加
1万円起業 片手間で始めてじゅうぶんな収入を稼ぐ方法

マイクロビジネス成功者は次の4つの基準に属していた

1.自分が好きなことを
2.1万円未満でスタート
3.利益が年商500万以上
4.だれでもできる事
5.従業員5人未満

商品の価値や特徴を説明するのでなく、その人にとって何が嬉しいかベネフィットを伝えないといけない

どこでもベネフィットを作リ出せる
1.隠れた本音はどこにあるか
2.顧客をヒーローにするなにか
3.人が買うものを売る

【重要】誰でも次の項目を満たせればすぐにコンサルタントになれる

1.特定の問題を解決することができる
2.1時間1万円の定額料金を請求する

さらにウェブサイトに下記を記述する

a クライアントに提供するコアベネフィットとその資格
(なぜそれができるのかってこと)

b このサービスが少なくとも2件以上役に立った例
(友だちにまずは無料で提供でもいい)

c 料金の内訳
(明確に 問い合わせさせない)

d すぐに利用するにはどうしたらいいか
(カンタンに)

顧客を見つける方法

1.人気のある商品
でいて、だれもやらないことをみつける

2.顧客に聞く
Google formとか使ってすぐ聞く

いくつか見つかったら、意思決定表で忖度
・影響
・手間
・収益性
・将来
・総合

5段階で採点してプロジェクトを選ぶ

売り出し実行のルール

1.市場性の高いものを売る
2.費用を抑える
3.まず売ってみる
4.作る前に史上を確かめる
5.最初の結果で変えるべきところを変える

【重要】めっちゃカンタンなビジネスプランをつくろう

概要
 -何を売るのか
 -誰が買うのか
 -誰を助けるのか

お金
 -いくら請求する
 -どうやって支払いを受ける
 -他にこれで稼ぐ方法はあるか

成功の基準
 -顧客数__または年間収入___

障害と問題
 -懸念?1,2,3
 -解決策?1,2,3

期日
 -このプロジェクトを__までに立ち上げる

140文字ミッション宣言
 -私達は___を__に提供する

【重要】ウェブサイトに「断れないオファー」を書く

基本
 -何を売るのか
 -いくらで売るのか
 -誰がすぐ買いに来るか

ベネフィット
 -重要なプライマリーベネフィットは?
 -セカンダリーベネフィットは?

反対意見
 -このオファーに対する主な反対意見は? 1,2,3
 -どう反論する?1,2,3

タイミング
 -なぜ今買う必要がある?
 -もっと説得力を持たせるためには何を付け加えられる?

よくある質問
 -ほんとうに効果があると、どうして分かる?
 -あなたに自分のお金を任せていいかどうか確信が持てない
 -他の人はどう思っているだろうか、評判は
 -お金を払わなくても手に入るのではないか
 -オンラインで個人情報は不安だ

マイクロビジネス例:

・結婚写真
変わっていて特別な写真をとる。それでいてオーソドックスなものも撮っておく

・地下鉄路線地図
たまたま趣味で作ったものが馬鹿売れ

・ダイエット
流行していて難しいダイエット方法を対象にそれを無理なく実現するプランを売る

・卒業旅行
ワシントン大学のボンダーマン奨学金は8ヶ月海外から帰ってはダメというもの

・音楽の先生のための管理業務
音楽の先生は音楽を教えることだけ考えたい。だからマネジメントはアウトソーシングしたい。

・ブログでアフィリエイト以外の収入
エクセルを教えるサイトで、収入の手段も自分の作ったエクセルのプログラム

・ブレインストーミングだけを売る
いくつもの具体的な行動とアイデアを並べ立てるとサービスは飛躍的に伸びる

・着られるベビー毛布
・グルメ客相手のレストランや食品生産者を回るツアー
・健康管理事業者向けのソフトコンサル

感想

まずはじめるための指南から、それをウェブサイトを使って具体的に進めるためのプランが書いてある。おそらくはじめて興味をもって手にとった人は、自分で実際にはじめてから再度手に取る必要があるだろう。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く