信用取引だけはやるな!

3854viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
桐谷さんが教えるはじめての株主優待

桐谷さん情報

朝の時間を有効に使うため、ドリップコーヒーからインスタントコーヒーに切り替えた。

手放せないブラックガムはジャルックスの優待券を使って買うので羽田空港まで半年毎に買いに行っている。

胸ポケットに映画の優待カードや入場券、電車の回数券を入れるので胸ポケットがないと映画を観に行けない。

東京に出てきて最初のころはお金が無かったので毎日インスタントラーメンを食べて胃潰瘍になった。

毎日のように何百万円、ひどいときは1日で2000万円の追証が来て気が狂いそうだった。

桐谷さんが毎日2~3時間しか眠れない理由

・起床は8時半
・大体明け方まで起きている
・株の取引が終わった後は映画やスポーツジムへ行く
・夜は報道ステーションを見てほかの局のニュースチャンネルを変えながらみる。
・24時になったら録画しておいた
・23時40分からのワールドビジネスサテライトのニューヨーク市況を1.5倍速で再生する。
・その後日記を書いたり、その日の売買をノートに記す。
・日々の出来事、届いた優待も記録。
・「この日は何をしてたっけ?」「おとといの夜何を食べたっけ?」とレシートをチェックしたり
 「何の番組を見てたかな」と数日前のテレビ欄をみて考えているとすぐに2,3時間経っている。
・その後雑誌や新聞の夕刊を読み、メールをチェック、連日の雑誌の取材やテレビの密着の連絡に返事、
・朝にはゴミ出しをしなければならず、優待のダンボールをまとめていると
・明け方4時ごろになり、
・届いた日経新聞の朝刊をチラッと読んで、
・5時45分からのテレビ東京のニュースモーニングサテライトを6時半まで見て
・女友達にメールを書いてから寝る。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く