アートだけど、日本が世界の中で再び競争力を取り戻すためのヒントがここにある

3561viewshisato.nhisato.n

このエントリーをはてなブックマークに追加
チームラボって、何者? [DVD付]

最近メディアにこぞって取り上げられ、その特徴的な口調とキャラクターから本質とはズレた認識をされやすい猪子氏。その猪子氏が代表を務めるチームラボを取り上げた一冊。
彼の総合的な評価はそのキャラクターも相まって両極端に分かれると思うが、私個人的にはものすごく”おもろい人”だと思う。

デジタルアートというのはなかなか耳にしない言葉であると思うが、今後のテクノロジーの発展に伴いその表現はさらに多様化していくことであろう。その中で世界的に評価され始めてきているのが、このチームラボである。

何をしている集団なのかというと、日本の文化や美術などがもつ特長点を現在のテクノロジーで再構築し、新たな表現を生み出す。ということをしている。
なかなか言葉では表現しにくいので、実際に本書を手に取ってみていただきたい。できることなら実物を見に足を運んでほしい。圧倒的なスケールに驚くはずである。

インターネットの登場で情報は驚くべき早さで共有可能となり、結果として多様な価値観が生まれることとなった。詳細は省かせてもらうが、この変化は日本の文化と非常に相性がよいというのが猪子氏の主張である。これは日本の歴史や、宗教として日本に根付いた仏教などをひも解くとなるほどなと感心させられることが多い。

”歴史を変えるような変化は文化の延長線上にしか生み出せない。”という内容の発言もしている。つまり日本で生まれ育った我々は、現代の世界の中でそのような変化を生み出すための文化的な優位性を持っているということである。
グローバル化が進み均質化する世界の中ではあるが、先人たちが残してきたものをきっかけとして自分たちが生きる文化を見つめ直すと未来へのヒントが見えてくる。

チームラボは日本が大好きで、その文化の延長線上で世界に大きな変化を起こそうとしている。これからますます目が離せない存在である。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く