アルゴリズムをjavaで動かして学ぶ本

3599viewsqoogaqooga

このエントリーをはてなブックマークに追加
Javaによるはじめてのアルゴリズム入門

アルゴリズムというものを、Javaアプレットを作成することで学べる本。
数Ⅲレベルの知識があれば、より理解しやすい。無くても説明があるので問題はない。
基本書ではないので、使ったことある程度のjavaの知識は必要。

内容説明

  • ウォーミングアップ
  • 数値計算
  • ソートとサーチ
  • 再帰
  • データ構造
  • 木(tree)
  • グラフ(graph)
  • グラフィックス
  • パズル・ゲーム

スタックやキューリストなどのデータ構造、2分探索・ヒープ及びグラフなどのソートやサーチといった基本情報でもお馴染みのものが作成出来る。
ややこしいと感じる人には、どういったものかイメージしやすくなるので、一度作成してみることオススメ。

一度は憧れるであろう画像を使わずに描くグラフィックにも対応。
ジオメトリックやリカーシブ・立体モデル等が、自分の手で作れるということが気持ちいい。
数値分析で使うような立体的な波形や3Dモデルの家であったり、幾何学的な模様であったり、見たことあるものを作成出来ると、ちょっとした感動がある。
数値を変えるとまた違ったものができるので、それも見てて楽しい。

最後の締め、第9章のパズル・ゲームは、学んだことを利用してゲームを作っている。
これからゲームを作っていこうと考えている人が、構造や考え方を学ぶには良い内容。

この本の売り

アルゴリズムは読むだけでは理解が難しいが、作ってみることでイメージしやすくなる。
目に見える・触れるものになるなので、達成感もある。

感想

CDにソースはあるけど、打ち込んだ方が勉強になる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く