投資に役立つ7つの習慣

3935viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜか日本人が知らなかった新しい株の本

投資に役立つ7つの習慣

1 株価が上がるか下がるかを予測するのではなく割安かどうかに注目しよう

価値と価格に差があること。それが修正されるストーリーがあること。

2 意見ではなく、事実に基づいて判断しよう

切り口(視点)が有効であれば、事実に基づく判断の結果に裏切られることはありません。
個人投資家が持つべき基本的な視点はたったの三つ。
1 割安度(バランスシートの健全性、事業の有望性)
2 経営力(株主重視度、資本政策の巧拙)
3 価格修正ストーリー(流動性、テーマ性)

3 結果ではなく、その裏にある原因を見つめよう

上がった下がったという結果でなく、その理由。
世の中の因果関係のパターンをたくさん知り、より本質に近づくこと。

4 すべてを知る必要はない。価値の本質を見抜こう

その会社の強みを一言で言えること。

5 投資は手段であって、目的ではないと知ろう

決して手っ取り早く設けようと思わないこと。
割安な投資先が見つからないときは、投資自体を控える。

6 毎月最低収入の1割を証券口座に振り替えよう

7 謙虚に学び続ける姿勢を持とう

勝っても負けてもそこから学び続ける。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く