どんな悩みでも解決できる!魔法の悩み解決法とは?

4001viewsbeat_sweetbeat_sweet

このエントリーをはてなブックマークに追加
悩みの99%が一気に解決! 魔法のコンサル思考術

「悩み」解決のキホン

  • 悩みを整理して「問題」にすることによって「悩みを悩みではなくす」ことで、どんな悩みでも解決できる。

  • 「悩み」を「自分が解決できる問題」に置き換えて、今、できる決断をする。

  • 悩みの本質=「問題」を特定できたら、次は問題を解決へと導くために、必要な情報を数字や図表に表して整理する。

  • 結論の先延ばしは、悩む時間を増やすだけで、問題の解決には至らない。

  • 他人が自分の都合のいいように変わってくれるということは、ほぼ不可能で、自分の努力で変えれることを考えるのが重要。

「悩み」解決のための「悩み」の見える化

  • 「悩み」は頭の中にある限り、なかなか解決しない。

 「悩み」を「書き出す」ことで「客観視」することができる。

  • 「悩み」を客観視したら、何が自分で変えられるかの論点を設定する。
 自分の事情にとらわれていても、問題の本質を見失ってしまう。

  • ポジティブな決断ができるようにするのが、悩みを「整理」するという作業。
 シンプルな問題設定を行うことが、悩み解決のための絶対条件。

  • ネガティブな感情は捨てて、今の状態がどう改善されたら自分が幸せになるかを考える。

  • 問題解決のための選択肢に、できる限お金に関する情報を入れる。

「悩み」解決のためのツール

  • 2×2マトリックス

 ある事柄に対して、自分が優先する2点を選び、それを2×2のマトリックスで比較する。
 選択肢を絞り込みたいときに有効。

  • 優先順位付け表
 AとBとCを比較するという時に使うと便利な図表。
 ある程度選択肢が絞りこまれている場合に使用する。
 複数の選択肢を比較する際は、絶対に譲れない条件「ノックアウトファクター」を特定し比較することで、選択しやすくなる。

  • ロジックツリー
 解決策の案や、悩みの原因を具体的に網羅することを目的に作る図表。
 解決策を具体的に考える際に有効。

  • シナリオ分析
 いま自分が迷っていることを起点として、楽観、悲観、現状維持と、未来を予測することによって、リスクとリターン、その時々の自分自身を客観的に理解するためのシナリオを考える。
 うまくいった場合の「楽観シナリオ」、うまくいかなかった場合の「悲観シナリオ」のそれぞれのストーリーを準備する。

  • ゴールピラミッド
 目的⇒目標⇒計画という枠組みで考える。
 自分の軸を持って、戦略的に人生を考えることができるようになる。

「悩み」解決のための秘訣

  • その時々の一番大切なものに時間を集中させることが、結局全部手に入れることができるようになる。

  • 短期目標は地に足の着いた現実的な内容、長期目標は人から共感されるビジョンに基づいていて策定する。

  • 感情的で突発的な行動でない限りは、考えすぎるよりお先に行動したほうが正しい。

  • 変えられない既成事実については考えない。
 他人を変えることはできない。自分ができることにフォーカスをあてる。

  • 固定観念を解放して、ゼロから解決策を考え直すことも時には必要。

  • いつでも決断は、最終的には自分自身で行うもの。
 決断するとき従うべきなのは、どの選択肢が自分を最も幸せに導くかという「直観」。

  • 論理力で整理したものを決断する時は、直観やひらめきを信じるのが最も正しいし、後悔もしなくなる。

  • 決断を先送りにすることは、大いなる無駄が発生する。
 実際に問題を解決して、決断したからこそ幸せを手に入れることができる。

感想

どんな悩みでも、最終的に自分が行動しない限り、解決しないということがよくわかります。
悩みの内容を整理し、分析することで、自分でどのような行動をとることが最適なのか、わかるようになります。
この本が、悩みを解決する上で自分が行動に移れるための後押しをしてくれます。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く