「進化するネット広告」のすべてのポイントまとめ!

2583viewsYonesuYonesu

このエントリーをはてなブックマークに追加
最新図解「進化するネット広告」のすべて

引用まとめ

■フリクエンシーコントロールで余分なバナーを排除して、行動ターゲティングで過去情報から類似バナーを表示させる。
■リスティング広告というとgoogleadwardsがメジャーだが、実はovertureのGOTO.com時代の発明である。
■2008年のHarris Interactiveが行った調査では、アメリカ人の約6割が行動履歴に基づくターゲティング広告に不快感が持っている事が分かった。
■ネット広告で商品を認知をして、店頭での購入に影響するオフライン効果は意外に高いが、ネット広告の間接的効果としての測定がしづらい。
■アンケート調査によると、サーチエンジン利用者が検索結果を見るのは平均して3ページ目前後である。
■サーチエンジンの順位を決めるリンクポピュラリティとテキストマッチ
リンクポピュラリティは、外部サイトからのリンクの量と質を計測する。テキストマッチは、ページ内で利用されているテキストの使用頻度や相互関係を分析する。タイトルや見出しのウェイトが高くなり、不自然に多用されているテキストはスパム扱いとなる。
■優先度の高いキーワードはSEO対策を行い、それ以外のキーワードはリスティング広告で補完する。
■WEB2.0を構成する7つの要素(ちょっと古いですが)
①ユーザー自身による情報の自由な整理
②リッチなユーザー体験
③貢献者としてのユーザー
④ロングテール
⑤ユーザー参加
⑥根本的な信頼
⑦分散性
■文脈ターゲティング(コンテンツ連動型)と行動ターゲティング広告では、後者の方が注目されやすい傾向にある。文脈ターゲティング広告は、サイト情報との関連性が高く、広告としては目立ちにくい。それに対して行動ターゲティング広告は、関連のないサイトで突然自分の興味ある広告が表示されるので、サプライズ効果が生まれ視線に影響している

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く