【要約】リスティング広告 プロの思考回路 (WEB PROFESSIONAL)

1557viewsSATASATA

このエントリーをはてなブックマークに追加
リスティング広告 プロの思考回路 (WEB PROFESSIONAL)

■現在の検索連動型広告がもたらしたもの
・スモールビジネスの躍進を支援
 ニッチな商材やサービスを扱う中小企業が、少額でも自社運用で見込み客を効率的に集められる。

・ユーザー行動を重視した広告手法
 検索ユーザーへはマッチした広告として、広告主としては良客を捕まえるツールとして双方にメリットがある。

・広告出稿後のオペレーションで広告キャンペーンの成果を改善
 従来は、広告出稿までのプランニングが大変だったが、広告出稿後も改善ができるため、出稿リスクが低く、かつ効果の出せる広告

■リスティング広告のプロが実践する2つのこと
・自社(広告主)を知る
 「ランディングページのファーストビューに本当に言いたいことがかかれてないよ!」
・競合を知る
 「えっ!そんなキーワードで出稿したって他社に勝てるわけ無いじゃん」
・お客様を知る
 「その広告文で本当にクリックされると思うの?」

1,お客様は必ず自社(広告主)と競合他社を比較していることを念頭に置く
2.比較された時に勝てる武器は何かを理解している。

・リスティング広告だけに頼らない
 潜在ユーザー…純広告、インタレストマッチ
 顕在ユーザー…リスティング
 既訪問ユーザー…リマーケティング

など、ターゲットや状況によって使い分ける。

■最適なアカウント構成は実はどのECサイトでも同じ

リスティングヒアリング事項
サイトビジネス
顧客ターゲット
商品点数
売上
平均顧客
目標売上
リスティング広告のゴール
リスティング広告の月額予算
リスティング広告の目標CPA
リスティング広告以外の施策

■少ない予算でやりくりするには
・現状のクリック単価でも100%表示できるように、広告予算を増やす
・広告予算内で100%表示できるよう、クリック単価を調整したり、ムダなキーワードへの出稿をやめたりする。

■広告グループはリンク先URLごとに分ける。
■魅力的な広告分の作り方
 ・キーワードを広告文に含める
 ・キーワード挿入機能を導入する
 ・一番重要なのは常に比較されていることを意識する
  →競合他社の広告分と比べて自社の売りをだす。
  セールスポイントの見つけ方は縦軸横軸の表で考える。

 ・キーワードの改善
  1.k

■参考事例でわかるプロの思考回路
 ・1位を取りに行く成功戦略の鍵
  →比較検討せず、検討期間も短い、コンバージョン頻度も多く、セグメントもあまりされておらず、コンバージョン率が高い業種

  例
  「アルバイト」 比較検討:短い コンバージョン頻度:多 セグメント:小 コンバージョン率:高
  「転職」 比較検討:長い コンバージョン頻度:小 セグメント:大 コンバージョン率:低

  「国内旅行」 比較検討:短い コンバージョン頻度:多 セグメント:小 コンバージョン率:高
  「海外旅行」 比較検討:長い コンバージョン頻度:小 セグメント:大 コンバージョン率:低
 よく検討され、検討期間が長いキーワードは掲載順位とコンバージョン率はあまり関係ない

キーワード毎に市場を考える必要がある。
1位戦略が成功する条件
・あまり比較検討しない
・どちらかと言えば検討期間が短い
・比較的コンバージョン頻度は多い
・セグメント化度合いが小さい
・どちらかといえば、コンバージョン率が高い自社サイトは具体的なキーワードで消費者が探している目的を見たし得る商品を提供している。
以下の条件は試してみる価値あり

・ブランドの競争力
・商品(サービス)の競争力
・WEBサイトの競争力

■季節商材
 ・検索ボリュームと連動して、早めに施策をウチ
  →レポートをこまめに調整する。

■ランディングページ作成の目的
 ・ターゲットを具体的に想定し、
 ・お客様にとって買わない理由が見つからないページ

 キャッチコピー
  →特徴を簡単に明確に表現

 離脱数を減らし、購入意欲を高める
  →こんなかたにはぴったりコンテンツ

 買わない理由を取り除く
  →一般的な例との自社の特徴

 ダメ押しして買おう
  →キャンペーン

 3C分析で自社の強みを見つけえた
 戦場を変えた
 見せ方の工夫をした

顧客獲得コストが高い時の一般的な解決策
 間接効果ツールでユーザーを分析する。

 同じキーワードで異なるニーズを受け入れる基本戦略
 ドアページを作って、初心者と上級者ページの入り口を作る
  →振り分けページには、振り分けボタン以外のリンクや表記は極力なくす
  →振り分けボタンは、ファーストビュー内で見せる
  →振り分けボタンの表記は、お客様の目的をイメージできるように、できるだけわかりやすく具体的にする。

リスティング広告 プロの思考回路 (WEB PROFESSIONAL)

リスティング広告 プロの思考回路 (WEB PROFESSIONAL)

  • 佐藤康夫,杉原剛,有園雄一,岡田吉弘,高崎青史,来田貴弘,西原元一
この本の他のまとめを見る (全2まとめ)
このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く