【要約】頭が冴え、疲れない体になる「この習慣」を続けなさい

4284viewsSATASATA

このエントリーをはてなブックマークに追加
頭が冴え、疲れない体になる「この習慣」を続けなさい

<1章「口ぐせ」を変えれば、すべてが変わる>
◆「私は若い」と思った人から若くなるという真実
古い脳は、次々と体に入ってくる情報(刺激)に応じて体を動かし、体温や血圧を調節したり、ホルモン分泌を促したり、喜怒哀楽を体の反応としてあらわしたり快適に生きるためのあらゆる調整を無意識のうちに行う。
新しい脳は大脳の一番外側にある「大脳新皮質」を指し、「考える」という人間だけの高度な機能を備えた部位

◆いいことを想像すると、いいことが起こる
・脳の、奇妙な習性
古い脳には、「事実」と「思い込み(イメージ)」の区別ができないということ

・どうすれば脳に指令がしっかり届く
ストレートにはっきり「こうなるのだ」と言い切ることが大事

・思いが叶いやすくなるコツ
「口に出して何度も言う」

・さらにさらに効果を高めるコツ
さもこれが現実に起こっているかのようにリアルにイメージしながらいうこと

・もう「おばさんだ」というと本当におばさんになる
私たちの脳は、いいことであろうと、悪いことであろうと、無差別に実現しようとするため日常的に「いいこと」を
言っていると毎日が快適になり、未来が拓けていく。

・私の立派な体をつくりあげた「口ぐせ」は
「もう〇〇」を「まだ〇〇」に変える

・褒め言葉は、言われた人より”言った本人”にご利益がある
自分に対しても人に対しても「悪いこと」を決して言わないこと。

<2章 「スタイル」がくずれなければ未来もくずれない>
・「生命の地図」は、自分で書き換えられる
生まれてから高校生くらいまではほぼその遺伝子の設計図通りに正しく運ぶ
青年期を過ぎると、今後は生活習慣が大きなウエイトを占めるようになってくる
中年期以降は生活習慣の比重が増す

◆長生きする人の共通点とは?-お尻をみればわかること
・太りすぎていない
・お尻、大腿部(太もも)の筋肉が引き締まっている
・顔の輪郭がシャープですっきり見える

・どうすれば「若返りホルモン」をたっぷり出せるか
一般に人の筋肉は10年ごとに2.5キロずつ失われていく
筋肉量を増やしてくれるホルモン「サイトカイン10」
サイトカイン10は筋肉細胞から作られるたんぱく質で、「運動」することで分泌される

・目標の先に新しい人間関係をつくる
◆第二の人生のはじまりに「自立&自律」しよう
自立とは、自分の力でやっていくこと
自律とは、自分の決めた規則に従うこと

・恋をすれば誰でも「快」になる
・「同じ窯の飯」は、永遠の処方箋

◆これが、スローエイジングの最短の道
毎朝必ず歩く。
一日2色で、夕食は軽めにする
夜の7時半以降は食べない
規則正しいリズムで食べる
よく眠る
すべての時間を快適に楽しむ

<3章 誰からも好かれる魅力的な「顔」になる>
・いい顔は自分で作れる
「男は40過ぎたら自分の顔に責任をもて」

ハ(歯)メ(目)マラ(ちんこ)が元気な人は元気

<4章「足腰」強化大作戦>

人は足腰から老い、足腰から若返ります

・後ろ足と、お尻のラインをときどきチェック
・1日30分。若返りウォーキングのコツ
 ・20分以上
 ・週4日以上
 ・ちょっと早足で歩く
 ・できるだけ朝歩く
 ・背筋を伸ばし、姿勢を正して歩く
 ・一人で集中して歩く

<5章 20代の頃より「頭」が冴えるボケが逃げていく>
・増える脳細胞が発見された
脳の海馬という部分
増やすことができる

・「脳が喜ぶ7つの刺激」をどんどん与えよう
①まずは、ボンヤリテレビ三昧の生活はやめる
②よくしゃべって、よく笑う

運動で脳を活性化する
・クリエイティブな仕事は歩きながら
 早朝会議の日こそ、朝歩く

・発見!脳が7歳若返るビタミン
ビタミンEとCのコンビで、抗酸化力を上げる

・大衆魚はSQのポイントが高い
今すぐぶどう糖をチャージできる食品

目を鍛えて脳を鍛える
「動体視力」は頭の回転スピードにつながる
動体視力は脳と1対で脳が若いと動体視力のレベルも上がる

・動体視力を鍛える、シンプルな方法
ウォーキングは動体視力を高める最良の方法です。

<6章「心」を強くして悩みを吹き飛ばす>
・心は年を取らないと決めることが大事
・何歳からが「老後」とは考えない

◆50歳過ぎたら「ストレス」を6大栄養素」の1つ考える

・「それができない」というときは?
じーっと座っていると、ストレスもじーっと居座り続けます。
からだを動かすとストレス、あなたのもとから離れます

・相手を気持ちよくさせると、ストレスが消える
ストレスが消える簡単な方法。自分が言われたときに「快」になる言葉相手にも送る。

・どんどんほめれば「自分」が気持ちよくなる

遊びでストレスを発散する
◆成功者ほどよく遊ぶ
・「非真面目」のすすめ

楽しく遊んで1石5鳥

◆すごい即効力!健康長寿の特効薬は「笑う」
・笑いはガンもやっつける

<7章 転んでも折れない「骨太」になる習慣>
◆筋肉量を増やせば、骨量も増える
筋肉と骨は運命共同体のようなもので、一方が衰えればもう一方も衰え、一方が強化されればもう一方も強化されるという関係です。

◆骨にとって最高の栄養は?
骨の貯蓄に欠かせない「栄養素」と言えばカルシウム
・すっぴんで、日光浴するだけでいい

<8章 「内臓・血管」が若返るおいしい食べ方のコツ>
・サーチュイン遺伝子を目覚めさせるために
・晩御飯んは意識に減らす

・寝酒はワインよりウィスキー
・1日起き断食

私は、タンパク質を補うために、卵を1個食べています。
量はほんの一口程度でよく、チーズ1かけらや牛乳をグラス1杯でも

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く