やはり、自制心だけでは自分は動かない。怠惰なあなたに。

6938viewsyuutayuuta

このエントリーをはてなブックマークに追加
やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

ゴールをかためる

  • 目標は具体的、かつハードルは高めに
  • 「なぜ」と「何」するを考える
  • 「得られるメリット」と「乗り越えなければならない障壁」を比較し、覚悟を決める

なぜそこを目指す?

  • 自分の能力をどうとらえているか?それは正しい?別の視点は?
  • 環境を整える
  • 人から良い刺激を受ける
  • 刺激するもの(目標を書き出す等)を置き、無意識に働きかける。

おのれを知る

  • 能力「証明型」...人に認められたい
  • 能力「習得型」...成長したい

・証明型はパフォーマンスを高める。
 モチベーションが高いが失敗で挫折しやすい。
・習得型はパフォーマンスを改善する。
 ネガティブな失敗を改善のチャンスととらえる
 習得型は過程を楽しむ

楽観するか、悲観するか?

  • 「獲得型」得ること重視
  • 「防御型」損しない事重視

・獲得型は楽観主義と相性がいい。リスクを好む
・防御型は楽観主義と相性が悪い。警戒を好む

状況に応じて使い分ける

欲しいものと邪魔なもの

簡単なことやとくいなこと

  • 「獲得型」目標と「証明型」目標をたてる
  • 「なぜ」と「失敗して失うものは」にフォーカスする

難しいこと

  • 目標を具体的にし、「何」をすればよいか、集中する
  • 「習得型」で結果に拘らず続ける。

スピードがいること

  • 「獲得型」目標を立てる

正確さがいること

  • 「防御型」目標を立てる

人を動かす科学

  • 選択の感覚を与える。
  • 契約、宣言の力を活用する。
  • 適切な行動の「トリガー」を用意し、無意識に働きかける
  • フレーミングする。
  • 他人から与えられた目標を自分の目標にする。

 他人との「関係性」、自分の「有能感」が高まる

地道に壁を越える

  • 問題は行動にある。
  • 何をするか明確にする。選択肢が多すぎて「行動のチャンス」を逃す
  • 脳が無意識に「シールド」をつくる
  • 進捗を把握する。

シンプルな計画をつくる

  • 「何」「時間」「場所」を決める
  • 「何」「時間」「場所」を

 もし~であれば、~する。
 ~のときは、~する

  • 障害物を明らかにする

自制心を日増しに伸ばす

  • ちょっとした努力でできる負荷を日々かける
  • 休息を与える
  • 少しだけ甘い物をとる
  • 一旦始めたものを止めるのは、始めるより難しい。始めから手を出さない。

現実を見よ:現実的なオプチミストになる

  • 楽観主義は時に危険を招く。
  • 非現実的な楽観主義は止める。
  • 過去の自分を手本にする
  • 成功ではなく、プロセスをイメージする。

あきらめるとき、粘るとき

  • 「精神力」も鍛えられる
  • 努力不足が元凶。「努力」「計画性」「粘り強さ」「目標にあったアプローチ」が必要
  • 目標は達成できない時もある
  • 古い目標を手放し、新しい目標を目指す
やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

やってのける ~意志力を使わずに自分を動かす~

  • ハイディ・グラント・ハルバーソン

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く