ビジネスに役立つ人脈を作る方法

6600viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
一生モノの人脈力

ビジネスは人間的な営みであり、それを動かし、判断を下すのは人。

大きな事業を成し遂げている人は必ず、本能的に強力な人脈を築いている。ビジネスの基本は、もとを正せばある人が別の人にものを売るという単純な図式に帰着する。

人脈作りは何よりも大切なビジネススキル・生活スキル。なぜなら、人は自分が知っている相手、自分が好きな相手と仕事をするからだ。

本当のネットワーク作りとは、他人を成功に導く手段を探すこと、自分が得た以上のものを与えようと懸命に努めること。

自分から進んで他人に助けを求める必要がある。他人を助けるのと同じくらい自分も積極的に助けを求めなければ、人間関係はバランスが取れない。

目標とは締め切りがある夢のこと。

人脈は必要になってからでは遅い。起業の前に人脈作り。

身近な人間関係を見直すことから。キャリアに活かせる人脈作り。
1. 社内プロジェクトを立ち上げ、新しいスキルを学び新しい人と出会うチャンスを作る。
2. 趣味の団体など、会社以外の組織でリーダーを務める。
3. 同窓会の活動に参加し、やりたい仕事についている人と知り合う。
4. コミュニティ・カレッジで、今の仕事や将来やりたい仕事についている人と知り合う。

家族、友人、知人からなる自分の人脈を、庭のようなものだと考える。綺麗に手入れされた芝生、すなわち親友・同僚・仕事相手といった旧知の中の人々などほんの一角に違いないだが本当に使える人脈は、何が隠れているか分からない草ぼうぼうの荒れ果てた茂みの中にある。

最高の顧客は今持っている顧客。人脈作りの最大の難関は、見ず知らずの人に電話をかける、新しい人に会うといった未知の相手との接触にある。だが何も最初から見知らぬ人を相手にすることはない。まず知っている人から始めればいい。友人の友人、学校時代の顔見知り、家族など身近な人脈に目を向けよう。

勇気を出して尋ねるのは一つの才能。何をするにも不安が先に立つ人間はなかなか成功できない。最悪ノーといわれるだけ。状況を問わず、いつも勇気を出して他人に話しかける。

知らない人に話しかける勇気がほしいなら、初対面の気まずさと、何もしなかった場合のしっぺ返しと、どちらが本当に恐ろしいか天秤にかけてみるとよい。

人は失敗の仕方を考える必要がある。誰にだってミスはあるのだから、後はできるだけ上手に失敗をするしかない。成功か失敗かではなく、リスクを負って出世するか、リスクを負わず平凡に終わるかが問題。不安を抑えるにはまず何よりも、怖くて当たり前だと思うこと。

目下の人を大切に:今は目下でも、その相手がやがて権力を握るかもしれない。ビジネス界のピラミッドは目まぐるしく変化する。目上であろうが目下であろうが、誰に対しても経緯を持って接しよう。

初対面の会話の目的は、行きずりの出会いを友情に発展させること。下調べは絶対に欠かしてはならない。

インフルエンシャル(初期の顧客、ジャーナリスト、業界アナリストなど、製品の評判を広めてくれる人々)のリストをまずつくる。続いて、見込み客、有望な売却先、出資してくれそうな人をリストにした(どんな種類の人をリストアップするか、自分の目標に合わせて決めること)。企業名や団体名ではなく、必ず実際に権限を持つ責任者の名前を書かなければならない。すぐに連絡を取れる具体的な人命をリストにすることが大切。

初めての会話は淡白なものと思いこんではいけない。気持ちのこもった温かい会話をする。

メールを打ってもなしのつぶてというのは、よくあること。そんなときは、妙な自尊心は捨て根気よく電話や手紙でアプローチを続けるしかない。そうやってなんとか連絡がとれたら、「なかんかお返事頂けなくて困りました」とは決して言わない。何事もなかったかのように本題に入り、相手に気まずい思いをさせないようにしよう。

面識がない相手に電話するとき、業務時間外にかけるように。

初めての電話で成功する四つのルール
1. 共通の知人を見つける。
2. 相手にとって価値ある提案をする。;セールスとは、つきつめれば相手の問題を解決すること。
3. 要点は短く、日取りは具体的に。;「近いうちにぜひお会いしましょう?」とは言わないで、「来週出張でそちらに参りますので、火曜日のランチを一緒にいかがですか?」と言うように。自分ばかり話すのではなく、相手に理解する時間を与えよう。取引は友情と同じように、相手と顔を合わせて初めて生まれる。初めての電話では次に会う約束だけきちんとして(食事の約束でもできればさらによい)、それ以外は極力手短に済ませよう。
4. 妥協点を探る。;人間は譲歩することで相手への義理が立つと感じる。最初は必ず、大きめの要求を出すようにしよう。そうすれば、最終的に自分が望むあたりで妥協することができる。

三人まとめていっしょに会おう。私は身体は増やせないから、予定の方を一件にまとめているのさ。1日に話したいならその前後で調整もあり。

人を紹介することで、人脈が広がるチャンスがさらに広がる。ネットワークの価値はユーザー数の二乗に比例する。お互いメリットがありそうな人同士を紹介する。

紹介するにはなるべく異分野の人を。

情報発信者になって人をつなぐ。

誰かに会ったらそのあとすぐ、相手に名前(それにあなたが残した好印象)を忘れられないよう手を打とう。分かれて半日~一日以内にフォローアップする。相手と交わした会話の内容(趣味やビジネスの話題など)に軽く触れる。

フォローアップでは、感謝の気持ちを伝える。たがいに何か約束したことがあれば、その内容を文字にして確認する。タイミングが命。相手に会った後、できるだけ早く送る。

スーパーコネクター(レストランのオーナー、ヘッドハンター、ロビイスト、政党や非利益団体の資金調達担当者、広告関係者、政治家、ジャーナリストなど顔の広い人に多い)。

人脈交換のすすめ:自分の友人の輪を他人の人脈につなげればよい。

さりげなく相手に短い挨拶を送る。ピンキングする。ピンキングという考え方を自分の仕事の流れに取り入れること。ピンキングを業務プロセスに取り込んでいる会社もある(マッキンゼーとか)。基本的には、しばらく合っていないため気になっていること、自分にとって相手が大切な存在であることを伝えればよい。キャリアや仕事の上で大切な相手には、プラスアルファがあるピンキングを心掛けている。たとえば相手が昇進した、子供が生まれた、今四半期の業績が好調だったなどと聞きつけたら、その人にとって有益な情報を提供する。相手が興味を持ちそうな記事や簡単なアドバイスなど、ちょっとしたものを送って、相手を気遣っていること、いつでも喜んで手を貸す用意があることを伝えることもできる。新しい知り合いができたら、ピンキングで人間関係を深めよう。ピンキングは、友人・知人の輪を広げる為のも魔法の肥料。

誕生日は忘れずに!誕生日を気にしない人などこの世にはいないのだ。人は、幼いころから誕生日は特別な日だと刷り込まれている。誰に対してもするように連絡先と誕生日を聞いておく。それくらい聞いても失礼にあたらないし、相手はたいてい、誕生日を聞かれたこと自体すぐ忘れてしまう。

相手の名前を会話の中に入れる。

魔法の言葉「おもしろいですね。是非もっと聞かせてください」

私が出会うどんな人にも、何か私より優れたところがある。それを私は学ぶのだ。

健康、お金、子供に関することで人を助ければ、相手はことさら深い恩義を感じる。

出会いは全て助け合いのチャンスと思うところから始めよう。

何をしゃべるか考えもせず他人に話しかけない。自分はどこがすごいか、他人とどう違うかあらかじめ考えておかなければ、自分の会社に対してであれ周囲の人に対してであれ、何も価値あるものをさしだせない。

最新技術に詳しくなる。

自分の会社の不採算部門の中で一番対応が遅れている分野は何か、考えてみよう(効果をあげやすい!)。

名もない一介の社員ではなく、一味違うヤツとして多少は認められるように、自分のブランド作りに励む。

上司やその上司にまで提案書を送った。別に失うものは何もない。せいぜい、好きでもない仕事を首になるだけの話じゃないか。だから私は現状に甘んじるのではなく、かわりに自分がやりたい仕事を作ろうと頑張った。あいつはこんなヤツだ、あいつにはこの程度の仕事しかできない、という周囲の思い込みに従う必要はない。努力すれば誰だって、自分の能力を周囲に認めさせ、ガラスの天井を突き破ることができる。

会社に自分の能力を認めさせたいなら、まずあなた自身が変わらなければならない。求められる以上のことをして、自分の履歴書を毎年新たに書き換え、内外の人を活用して単とするすべてのプロジェクトで見事な結果を出さなければならない。

あなたの名前を見聞きした相手に、真っ先に何を思い浮かべてほしいか。自分が一番自信を持って提供できる製品、サービスは何か?自分の能力とやりたいことの双方を考え合わせ、どうすれば市場でそれらを最も活かせるかを考えよう。

パッケージデザインを考える。どんな業界でもルックスは大事だ。だから、しごとにふさわしいきちんとした身なりをしよう。目立つようにすること。自分なりのスタイルを持つこと。

あなたが演じる役柄は、自分というブランド。役をよく見極め、ブランドになりきって生きてみよう。

入れるクラブがないなら、自分で作ってしまえばよい。

共通の意見や関心を持つ人を集め、コミュニティを作るというのは、今も昔も人の心をつかむ魅力的なアイデア。

目上の人と付き合うには自分も背伸びしなければいけないと思う人が多いが、そんなことをすればかえって墓穴を掘ることになる。しゃべらずして大いに語れ。メンタリングを実践するには、自分のエゴや他人の成功を羨む気持ちを抑え、あらゆるチャンスをとらえて有益な人間関係を築くよう意識的に努力する必要がある。

単に報酬と会社の知名度だけで就職先を選ぶより、メンターを見つける方がはるかに大事。

仕事と私生活は切り離さない。仕事と私生活のバランスを取らなければというストレスも消える。あなたが楽しければ、それがあなたにとってバランスのとれた生活。

個人主義的な文化圏の人は概して、共同体志向の強い文化圏の人よりストレスレベルが高い。集団や社会への帰属意識がなければ、人は幸せになれない。

若い恋人たちは完璧を目指す。年を重ねた二人は端切れを縫い合わせ、そこから生まれる多種多様なつぎはぎ模様に美を見出す。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く