マス・コミュニケーションのまっただ中におけるディス・コミュニケーション―「あるある」の構造

3228viewsさといもさといも

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本の思想 (岩波新書)

Ⅰ 日本の思想

 日本思想史の包括的な研究がなぜ貧弱なのか
 日本における思想的座標軸の欠如
 自己認識の意味
 いわゆる「伝統」思想と「外来」思想
 開国の意味したもの
 一
 無構造の「伝統」その1―思想継起の仕方
 無構造の「伝統」その2―思想受容のパターン
 逆説や反語の機能転換
 イデオロギー暴露の早熟的登場
 無構造の伝統の原型としての固有信仰
 思想評価における「進化論」
 二
 近代日本の機軸としての「國體」の創出
 「國體」における臣民の無限責任
 「國體」の精神内面への滲透性
 三
 天皇制における無責任の体系
 明治憲法体制における最終的判定権の問題
 フィクションとしての精度とその限界の自覚
 近代日本における制度と共同体
 合理化の下降と共同体的心情の上昇
 制度化の進展と「人情」の矛盾
 四
 二つの思考様式の対立
 実感信仰の問題
 日本におけるマルクス主義の思想史的意義
 理論信仰の発生
 理論における無限責任と無責任

Ⅱ 近代日本の思想と文学 一つのケース・スタディーとして

 政治―科学―文学
 一
 明治末年における文学と政治という問題の立てかた
 文学の世界をおそった「台風」
 「社会」の登場による走路の接近
 マルクス主義が文学に与えた「衝撃」
 文学者に焼付けられたマルクス主義のイメージ
 昭和文学史の光栄と悲惨
 政治(=科学)の優位から政治(=文学)の優位まで
 二
 プロ文学理論における政治的および科学的なトータリズム
 政治的と図式的
 政治過程におけるエモーションの動員
 政治における「決断」の契機
 思考法としてのトータリズムと官僚制合理主義
 政治の全体像と日常政治との完全対応関係
 方法的トータリズムの典型
 政治(=科学)像の崩壊―転向の始点と終点
 日本の近代文学における国家と個人
 「台風」の逆転と作家の対応の諸形態
 旧プロ文学者における文学の内面化と個体化
 対立物(文学主義)への移行契機
 三
 文化の危機への国際的な対応
 多文化領域における「自律性」の模索
 政治・科学・文学における同盟と対抗の関係
 科学主義の盲点
 トータリズムの遺産の否定的継承
 「意匠」剥離の後に来るもの

Ⅲ 思想のあり方について

 人間はイメージを頼りにして物事を判断する
 イメージが作り出す新しい現実 
 新しい形の自己疎外
 ササラ型とタコツボ型
 近代日本の学問の受け入れかた
 共通の基盤がない論争
 近代的組織体のタコツボ化
 組織における隠語の発生と偏見の沈殿
 国内的鎖国と国際的開国
 被害者意識の氾濫
 戦後マス・コミュニケーションの役割
 組織の力という通念の盲点
 階級別にたたない組織化の意味
 多元的なイメージを合成する思考法の必要

Ⅳ 「である」ことと「する」こと

 「権利の上にねむる者」
 近代社会における制度の考え方
 徳川時代を例にとると
 「である」社会と「である」道徳
 「する」組織の社会的擡頭
 業績本位という意味
 経済の世界では
 制度の建て前だけからの判断
 理想状態の神聖化
 政治行動についての考え方
 市民生活と政治
 日本の急激な「近代化」
 「する」価値と「である」価値との倒錯
 学問や芸術における価値の意味
 価値倒錯を再転倒するために

感想

本当に「おそれ」なければならないのは、議会否認の風潮ではなくて、
議会政治がちょうどかつての日本の「國體」のように、
否定論によってきたえられないで、
頭から神聖触るるべからずとして、
その信奉が強要されることなのです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く