手軽にできる15の習慣で誰もが才能を発揮出来る!

3247viewsYonesuYonesu

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳が冴える15の習慣―記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)

■習慣1:生活の原点をつくる
朝は一定の時間に起きて、日光を浴びる。ウォーミングアップの為に、足・口・手を意識して動かす。

■習慣2:集中力を高める
集中力や頭の回転の早さは、それ自体を上げようと思っても上げられない。意識的に「試験」を受けているような時間の制約を、1日に何回も設ける事で、脳の基本回転数は上がる。

■習慣3:睡眠の意義
最低6時間は寝るようにして、起きる時間はなるべく一定にする。朝と夜の活動をパターン化する事で、スムーズな睡眠と起床のリズムをつくる。睡眠中に知識が整理される。

■習慣4:脳の持続力を高める
前頭葉を鍛えるには、頭の回転力を上げるだけではなく、体力をつけることが大事。家事や雑用を積極的にこなし、制約時間の中で効率よく仕事をこなせば、体力とテクニックが自然と身につくようになる。

■習慣5:問題解決能力を高める
些末な選択・判断・系列化(前頭葉の3業務)を効率化させるルールを持っておくと、脳力を有効に使える。1日の行動予定表や仕事を解決するまでのプロセスを定期的にまとめてアウトプットする。それを分析したり、他人に評価してもらう。

■習慣6:思考の整理
物の整理は思考の整理に通じている。忙しい時ほど片付けを優先させる。仕事で混乱した時は、机を機能的に整理すると良い。

■習慣7:注意力を高める
人間をボケさせる最も確実な方法は、情報を一切与えないこと。テレビやPCといった平面の情報だけでは脳が鈍くなってしまう。外に出て五感をフル活用して情報を吸収するのが良い。目のフォーカス機能を十分に使って遠くのものや近くのものを見るよう意識する。ラジオによる耳からの情報整理をする訓練も同時にするとなお良い。

■習慣8:記憶力を高める
報告書やブログを書く、メモを取りながらTVを見る、といった具合に、出力することを意識しながら情報を入力する事で、記憶力を高めることが出来る。書き写しや音読も有効な手段。

■習慣9:話す力を高める
人の質問に答える形式で話を膨らませる。メモを用意して、そのキーワードをたどりながらなれない話を長くする。写真を撮って、それを示しながら表現を膨らませる。想定される質問も考え、質疑応答を自身で繰り返す訓練。

■習慣10:表現を豊かにする
話が通じないのは相手のせいではなく、自分の表現力が乏しいから。相手に分かる言葉で表現をする。たとえ話を織り交ぜながら話すと、脳が総合的に鍛えられる。

■習慣11:脳を健康に保つ食事
高血圧や運動不足は脳力を低下させる。適度な運動と腹八分目を心がける。

■習慣12:脳の健康診断
MR検査とPET検査との併用で診断精度が高まる。画像検査により、脳の病気を発見できるだけではなく、問題のある機能も分かる。

■習慣13:脳の自己管理
自分の失敗を記録し、傾向を割り出すことは、脳の自己管理に有効。失敗を分析するときには、小さな失敗から注目していく。人から指摘される問題行動は、感情が邪魔をしてすぐには耳を傾けにくいが、記録して冷静なときに見返すと効果的。

習慣14:想像力を高める
アイデアを出すには、「何の役に立つのか」より「誰の役に立つのか」で具体的に考える。アイデアは情報の組合わせと考える。(無から有は生み出せない)書くことにより情報を脳に蓄え、まとめながら考える。

■習慣15:意欲を高める
意欲を高めるには、自分の行動と結果を誰かが評価してくれることが重要。愚痴を言うのではなく、人を良く見て好意的に評価することで、自分が評価されやすい環境がつくれる。

感想

本書にある15の習慣は、どれも具体的かつ手軽に実践出来る内容なので、小難しい専門書よりよほど役に立つ気がした。15の習慣を如何に継続するか、自分なりに色々と工夫しようと思う。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く