一般ランナーこそ、アスリートのランニングフォームを手に入れましょう!

3597views株式会社スタジオタッククリエイティブ株式会社スタジオタッククリエイティブ

このエントリーをはてなブックマークに追加
トップアスリートのランニングフォームで自己記録がぐんぐん伸びる本 (改善BOOKシリーズ)

どんな本なの?

理想のランニングフォームはひとつではありません! あなたの骨格と筋肉のタイプに最適なフォームを3+16種類から選びましょう。太ももの裏にあるハムストリングスが使えるフォームこそ、タイムや距離、スピードの壁をまとめて打破できる可能性を秘めています。それぞれのランニングフォームに合わせたシューズ選びや練習方法まで紹介し、ランナーのレベルを問わず役立つ情報が満載です。

監修さんはだれ?

駒澤大学駅伝部出身、ランニング専門のパーソナルトレーナー鈴木清和。マラソンやランニングの本を続々と執筆しており、2014年現在も複数の著作を執筆中。今最も注目されているトレーナーのひとりです。

  • 鈴木清和の著作一覧
「やってはいけないランニング」青春出版社
「ランニング障害 改善BOOK」スタジオタッククリエイティブ
「駒大式 長く速く走る技術」 大和書房

誰向けの本なの?

パーソナルトレーナーのノウハウは、けっしてトップアスリートや芸能人&モデル、実業家といったセレブ達だけのものではありません。

  • ダイエットやストレス解消、気分転換にランニングをはじめてみたい方
変なクセが身につく前に、ぜひ自分に合うランニングフォームを手に入れてください。走るほどにからだが引き締まっていくランニングフォームを、3+16種類ご紹介しています。

  • 距離、スピード、タイムの壁を破りたいアスリート志向の方
今の自分を超えるために、どのフェーズでどの筋肉を育てるのか? 骨格や筋肉のタイプ別にご案内する世界初のランニングフォーム実用書です。本書で登場するKCCランニング(キネティックチェーンコントロールランニング)は、陸上競技の現場と最先端の医科学研究から生まれ、元々は現役アスリート向けに開発されたメソッドです。

  • トレイルランナーやトライアスロン選手、ウルトラランナーの方
近年盛り上がっているトレイルランニングでは、登坂力やダウンヒルテクニックが必須です。平地のフォームに加えて、登り専用フォーム&下り専用フォームを身につけて、3種類のランニングフォームを使い分けましょう。また、長距離対応や乳酸が溜まらないランニングフォームの仕組みと具体例もご紹介しているので、トライアスロンやウルトラマラソンに挑戦する方にもおすすめです。

CONTENTS(一部要約)

Chapter1 科学でひも解く 理想の走り

 アスリートのフォームにこそ、理想のフォームが隠されている
 理想のフォーム(やわらか走)
 理想のフォームを解析する
 理想のフォームの絶対法則
 3大フォーム(スイング走法、ツイスト走法、ピストン走法)

Chapter2 体型別のフォームが分かる ボディチェック&3大フォーム

Chapter3 アスリートのフォームに進化する KCCランニング[基礎編]

Chapter4 アスリートのフォームに進化する KCCランニング[実践編]

 -ストライドを大きくしたい。
 -自分の足音が気になる
 -腰高フォームを身につける
 -力強く迫力ある走りがしたい
 -登り坂に強くなりたい
 -ふくらはぎがつりやすい
 -ピッチが上がらない
 -腕振りを推進力にしたい
 -もう一段スピードアップしたい
 -足の指が黒くなる
 -ストライドアップ
 -前ももがつりやすい
 -上下動が気になる
 -素早い足運びをマスターしたい
 -背中が丸まりやすい
  ※目的別のランニングフォームを掲載中

Chapter5 3大フォーム専用 トレーニング&シューズ

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く