大人気シリーズ第5巻。

2549views国中千鶴国中千鶴

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~

読み出したら、止まらない。

今回は3つの謎を扱います。
『彷書月刊』、手塚治虫『ブラック・ジャック』、寺山修司『われに五月を』。
今回も本に残された手がかりと膨大な知識をもとにして、栞子さんの推理が展開されていきます。
今回の特徴は、各章の終わりに断章として、それぞれ短いエピローグがついていること。
その断章があることで物語は展開していき、謎解きを通してもともと登場してきた栞子さんの周囲にいる人物たちが描写され、ビブリア古書堂がある世界はより深く鮮やかになっていきます。

この本では栞子さんと大輔くんの恋のゆくえにきゅんきゅんするというよりも、シリーズ全体で描こうとしている大きな物語の結末に向けて集約が始まっているような印象がありました。
もう、あと何冊もないのかもしれません。
あとがきを読んでみると、終盤に入ってきていることは書かれていても、あと何冊かは書かれていないので、続きがどれだけあるのかはわかりません。
エピローグには、もう次の山場への伏線が。
次回もますます気になります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く