商法はなぜ学ぶのか?:目次紹介

3144views気になる本気になる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
商法 第三版 (岩波テキストブックス)

目次

第1章:商法を学ぶ意義

生きていくためには必ずお金が必要となる。商法はそのような社会、つまり市場経済社会の基本法(ルールブック)となっている。商法を知ることで社会の中で賢く生きていく手助けとなるかもしれない。

第2章:取引をなす権利主体と取引の権限

  • 権利能力はどのように問題となるか
  • 意思能力・行為能力はどのように問題となるか
  • 取引を行う際には相手方について何を注意しなければならないか
  • 代理人の権限はどのように問題となるか
  • 商業使用人の制度は何のために設けられているか
  • 商業登記制度とは何か?
  • 商業登記には、どのような効力が認められるか

第3章:取引の相手方の信用チェック

  • 信用調査はなぜ必要か
  • 担保にはどのようなものがあるか
  • 信用調査はどのように行ったらよいか
  • 商業帳簿とはどのようなものか
  • 企業の信用や価値はなにに基づくか

第4章:商事の売買

  • 商事売買に関する法規制はどうなっているか
  • 売買契約はどのように成立するか
  • 売買契約書はどのように作成されるか
  • 商事売買契約では何を取り決めておくべきか
  • 商事売買が履行されない場合にはどうしたらよいか

第5章:企業取引ネットワークの展開

第6章:会社の意義と種類

第7章:株式会社の会計と情報開示

第8章:株式会社の機関

第9章:株式

第10章:株式会社の設立と解散・清算

第11章:株式会社の資金調達・資金返却

第12章:株式会社の構造的変更・企業再編

第13章:手形・小切手の意義と利用

第14章:手形・小切手の振出・譲渡・支払い

第15章:手形・小切手をめぐる紛争の解決

感想

おそらく商業を行うえで一番大事なことだと思います。この他にも会社法等もあります。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く