ビジネスモデル・キャンパス(BMC)の記述例が中心の副読本

3825viewstombi-aburagetombi-aburage

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解ビジネスモデル・ジェネレーション ワークブック

ビジネスモデル・ジェネレーションという道具があっても全員が納得して使いこなせるわけではないので、ビジネスモデル上での重点が異なる記述例や、組織内での使い方などの実地適用を意識した解説が多く見られる。

ビジネスモデル・キャンパス以前に、背景となっている手法を理解していないといけないので、巻末付近には推奨図書の一覧がある。

すでにビジネスモデル・キャンパスを使っている人は副読本として斜め読みできるレベル。実務的にはオリジナルのビジネスモデル・ジェネレーションの代用品として指導用に使うこともできそう。

キャンバスの基本と記述方法を理解しよう

9つの要素を説明。要素の訳語はオリジナルのビジネスモデル・ジェネレーションよりも本書のほうが妥当と思う。

キャンバスの各ブロックを記述するための考え方1、2

ビジネスモデル・キャンバスを描いて見よう その1、2

重要度や関連を精査せずに書く悪癖にはまらないよう考え方を提示している。
もちろん1つ1つのブロックに深い意味があるが、その辺は推奨図書に振りわけて、とりあえず数ページで簡潔に説明している。

5つのフェーズでビジネスモデルをデザインしよう

スタートアップ手法に絡めた使い方を、これも本来は深い領域だが数ページで簡潔に説明している。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く