置かれた場所で咲きなさい

24183viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
置かれた場所で咲きなさい

「時間の使い方は、そのまま、いのちの使い方なのですよ。置かれたところで咲いていてください」
そう生きるための八つのコツをまとめました、

咲くために意識したい八つのコツ

① ぬくもりの言葉を生もう

  • 相手を生かすぬくもりのある言葉を使える自分でありたい。言葉ほど恐ろしいものはない。使い方を間違えば凶器にもなる。言葉を無機質なものにしてはいけない。 「しか」を使わず「なら」を使ったというのです。 「足し算しかできない」といわないで「足し算ならできる」という。151

② あいさつをしよう

  • あいさつは「あなたは大切な人」と伝える最良の手段。目立たない仕事をしている人への挨拶を忘れてはいけない。私たちはお互いに「おかげさま」で生きているのだから。 土の中の水道管 高いビルの下の下水 大事なものは表にでない(相田みつを)126

③ 分け合えばあまる

  • 「奪い合えば足らぬ。分け合えばあまる」相田みつをさんの言葉です。きれいさはお金で買えるが、心の美しさは買えない。心の美しさは自分の心との戦いによってのみ得られる。

④ 幸せは自分で積極的に。

  • 幸せを他人任せにしてはいけない、自分が積極的に動いて、初めて幸せを手にいれることができるのだという心理です。便利さを追い求め、面倒なことを嫌いがちな現代の忘れ物の一つは自分が動くこと、そして世の中を明るくしてゆこうという積極性なのです。 自分が明るく笑顔でいること。それは平和を世界にもたらす力となるのです。

⑤ 2%のゆとりを残す

  • 信頼は98%。あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく。 この世に完璧な人間などいない。心に2%のゆとりがあれば、相手の間違いを許すことができる。139

⑥ いい出会いのために、労を惜しまない

  • いい出会いにするためには、自分が苦労をして出会いを育てなければならない。 出会っただけでは信頼関係を結べない。「このご縁を大事にしよう」という気持ちを育てていこう。58

⑦ 悩みを整理し、諦める時は諦める

  • 今あなたが抱えているたくさんの悩み。それらを一度整理してみてください。変えられない現実はどうしようもない。無理に変えようとすれば、心は疲れ果ててしまう。ならば、その悩みに対する心の持ちようを変えてみること。そうすることでたとえ悩みは消えなくとも、きっと生きる勇気が芽生えるはずですから。26

⑧ 「受け入れる」ということは大変

  • そこに行き着くまでには大きな葛藤があるでしょう。しかし、変えられないことをいつまでも悩んでいても仕方がありません。前に進むためには、目の前にある現実をしっかりと受け入れ、ではどうするかということに思いを馳せること。悩みを受け入れながら歩いていく。そこにこそ人間としての生き方があるのです。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く