気にしすぎな性格をなんとかしたいという人のための本

8918viewsnemotonemoto

このエントリーをはてなブックマークに追加
ぜんぜん気にしない技術

本の概要

周囲の目を気にしすぎているなんて、人生がもったいない。今の世の中で活躍している二人の起業家には、周りの目なんて気にしている暇はない。この二人に共通している点は「ひたすら自分に正直なこと」。

どうしたらこんなに割り切ることができるのか?

実は二人とも生まれた時からこんな性格だったわけではなく、これまでの経験で考え方が変わっていった。そんな2人の考え方の変化を“ぜんぜん気にしない技術”として紹介します。

1時間目 世の中

Q.「夢も希望もありません」
A.「夢や希望なんてただの荷物。荷物なんか捨てて、目の前のことやってみようよ」

Q.「批判がされたのが気になって眠れません……」
A.「批判も受け入れることのできる耳を持つ」

Q.「世の中は冷たいと思います。もっと親切にならないですか?」
A.「君から誰かに手を伸ばしたことはある?」

Q.「『最近の若者は』ってバカにされます」
A.「キミはそのフレーズを口にしない大人になればいい」
など

2時間目 自分

Q.「要領のいい人間に憧れますがなれません」
A.「不器用な人ほど、幸せになれる」

Q.「優柔不断で他人の意見に流されてばかりです」
A.「人生は、言ったもの勝ち」

Q.「暇だと落ち着きません」
A.「「友だち」と「慣れ合い」、「居場所」と「依存」を見分ける」
など

3時間目 人間関係

Q.「飲み会には行かなくてもいいですか?」
A.「「仲がよい」って毎日飲むこと?」

Q.「いつも周りの目を気にしてしまいます」
A.「恥はどんどんかき捨てていこう」

Q.「嫌われるんじゃないかと不安です」
A.「八方美人よりも、一方美人のほうが幸せじゃない?」

Q.「twitterやfacebookでつぶやいても反応がありません」
A.「その「いいね!」に義務感はありませんか?」
など

4時間目 仕事

Q.「やっぱり大企業で働きたいです」
A.「きみは早い変化の波についていける力を持っているか?」

Q.「仕事にやりがいが見つけられません」
A.「君が欲しいのは本当にやりがい?」

Q.「プロジェクトのリーダーに抜擢されたけど不安です」
A.「きみは、どこまでわがままになれる?」

Q.「自由って、なんですか? 私も自由になりたい」
A.「きみは何から自由になりたい?」
など

5時間目 理想と現実

Q.「才能がないので人生あきらめています」
A.「きみに才能があるかは、きみが人生を楽しめるかとは、なんの関係もない」

Q.「会社を辞めるか辞めないか迷っています」
A.「白と黒の間にあるグレーゾーンに答えを見出そう」

Q.「失敗したくない、失敗したくない、失敗したくない」
A.「きみは、本当に追いつめられるまで、失敗したことがある?」
など

6時間目 お金

Q.「貯金してないです、ヤバいですか?」
A.「何もしないこと、投資すること、どちらがきみにとってリスクですか?」

Q.「ラクして稼いでいる人がうらやましいです」
A.「ラクな暮らしを手に入れるためにリスクを負う覚悟はありますか?」

Q.「おごったり、おごられたりする関係に疲れました」
A.「お金のことより、関係を深めることに目を向けてみませんか?」
など

ぜんぜん気にしない技術

ぜんぜん気にしない技術

  • 家入 一真,森田 正康

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く