全員内定? だれでも履歴書が作れる3Eステップ法

2369views就活中@3年生就活中@3年生

このエントリーをはてなブックマークに追加
全員内定!

「3Eステップ法」

誰でも書ける履歴書作りがあります。「3Eステップ法」というフレームワークを使います。 履歴書に書く内容を全て、この順番で書きます。

① 結論(Ending)
② 体験(Episode)
③ 感情(Emotion)

自分の伝えたい内容を、「結論」「体験」「感情」の3つのパートで表現します。そして、「結論→体験→感情」という順番で統一します。伝える内容を簡潔にするため、1つのパートを1文にするのが一番望ましいです。体験のパートは2文でも大丈夫ですが、それ以外は1文で書くようにしましょう。

基本はそれぞれ1文なので、全体で3つの文章で構成されます。志望動機であろうが、自己PRであろうが、学生時代に頑張っていたことであろうが、趣味や特技であろうが、どんなお題にも対応が可能です。

エントリーシートでも同じです。文章が相手に伝わりやすくなるし、同時に自分のPRにもなります。 「志望動機と自己PRのエピソードが同じ話題になってもいいのか?」という質問をよく受けますが、答えは「YES」です。エピソードが同じでも、伝えたい部分を変えれば問題ありません。

結論(Ending)の書き方

結論には、あなたが一番伝えたい内容を書いてください。志望動機であれば、企業の一番好きなところを書きましょう。企業理念なのか、社長のメッセージなのか、会社の雰囲気なのか、あなたが正直に一番好きなところを見つけてください。

自己PRであれば、自分の一番自信のあることを書きましょう。向上心なのかもしれないし、挑戦力なのかもしれないし、協調性なのかもしれません。これだけは誇れるというところを書きましょう。

自分に自信がなくても、人と比較することは絶対にしないでください。周りを意識して自分の本心を書かないと、3Eステップ法は使えなくなります。矛盾が発生してしまうからです。自分の直感を信じましょう。

体験(Episode)の書き方

体験には、あなたが今まで生きてきた中で「実際に経験した具体的な話」を書きましょう。自己分析で使ったシートをもう一度見直してください。これまであなたがどんなことをしてきたか、もう一度チェックするのです。また企業のためにエピソードを書くのではなくて、自分のことを相手に知ってもらうために書くということを忘れないでください。

感情(Emotion)の書き方

感情では、自分の「想い」を伝えます。人間は感情の生き物です。感動という漢字を分解すると、感情が動くと書きます。人間は感動するから動くのです。

経験から学んだこと、これから頑張っていくこと、今後伸ばしたい能力などを、あなたの言葉で具体的に書いてください。誰かの言葉では、人は動きません。あなたらしい言葉だから相手は動くし、共感するのです。理論でもダメです。

今の能力を会社に活かすということを主張するのではなく、こういう成長をしてくれるのだろうなと相手に思わせるような表現を使うのです。

自分で勝手に限界を作らず、自分の伝えたい内容を前面に出して、あとは採用担当者がイメージを膨らませてくれるような書き方にしましょう。

感想

内容は結構本のオリジナルがあったので好き嫌いがわかれそうな本でした。自己分析が一番大切なのかなーと感じた。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く