子どもだけではなく大人もぜひ実践したい視力回復のヒント。

2054viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
子どもの視力がぐんぐん良くなるトレーニング

目と脳が体のハンドル。体に取り込んだ酸素の3分の1が目と脳だけで消費。目と脳に酸素を送りこむ方法は、姿勢を正しくし、つねに体を動かす習慣を身につけさせる。腹式呼吸をさせる。(おへそに力をこめて鼻で大きく息を吸い込み、口からゆっくり息を、吐き出すことを繰り返す。1日10分、3回。毎日。)涙は目のワイパー。涙を流すほど目力は上がる。両親が、弱視でも、子の弱視は防げる。
目も脳も鍛えられる。読書。
1好きな本を普通に、10分読む。背筋をのばして正しい姿勢。
2腕をのばし、見えるぎりぎりの遠さで、5分間本を読み、目を閉じて5分リラックス。
3見えるぎりぎりの近さてま5分間本を読み、その後近くに素早く目を走らせる。
4目のマッサージをする。親指と人差し指で目のまわりのツボを軽くもみほぐす。
トレーニング
エクササイズ1
スプーンの先にランドル輪をコピーしたものをはりつけたものを準備する
真正面ににスプーンをおき、ランドル輪の字を見ながら少しずつ遠ざける。これを数回っ繰り返す。
エクササイズ2
二つスプーンを用意し、両手で目と同じ高さに持ち、右目は右のスプーンを左目は左のスプーンを凝視し、左右にゆっくりはなしていき、1メートルぐらいのところで腕を止めて、凝視したまま10.
明暗トレーニング
1光を見て10→目を閉じて10これを10回
生活習慣を見直す
①正しい姿勢。左右の肩の高さ、背骨(猫背)
②適切な照明を使っているか。理想は部屋を明るく手元(右利きなら左横ななめ前上
から光を当てる)をさらに明るく。影の中で文字を読ませない。
③夜更かしはさせない。
④笑いが少なくなってきていないか。
目に良い食事と栄養
ビタミンA,B1、B2,C(ベリー系、柑橘系)アントシアン(ブルーベリー、赤紫蘇、ブドウ)βカロチンは体内に取り入れるとビタミンA(緑黄色野菜ブロッコリー、ニンジン、ホウレン草、かぼしゃ、モロヘイヤ、春菊、小松菜、ウナギのかば焼き、豚レバー(ビタミンB2も))
ビタミンB1(豚肉、枝豆、そば、玄米、にんにく)
⑤よくかんで食べる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く