★必見★【脳の若さを保つ!】大人になっても、脳を成長させる≪30の方法≫(「脳が若返る30の方法」)

2182viewssnufkinsnufkin

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳が若返る30の方法 (中経の文庫)

序 脳は成長する

あなたの脳はもっと鍛えられる

  • 脳は使えば使うほど、変化する
  • 「脳は変化する」=脳はもっと鍛えられる

“好きなこと”を続ければ脳は元気になる

  • 脳は、好きな事をやる時は、あまり疲れを感じない
  • むしろ、好きな事を極める為に変化していく
  • 自分にできて、「やってみたい」と思う事に取り組もう

 “好きなものは好き、嫌いなものは嫌い”

コンピューターは「安定」を追及するが、脳は「変化」を追及する

  • 脳は常に最高のプログラムを作り続ける

「スランプ」の時は、少し休んで脳を整理する

  • 休むことで、脳の中のプログラムが整理され、最も良い状態のプログラムに変わっていく

アタマを使えば、脳神経細胞は増える

  • 最近の研究では、大人になっても脳神経細胞が増える
  • 特に、「空間的な思考」(地図を頭の中に記憶させる等)や「新しい体験」の刺激が脳に重要

1五感を呼び覚ます

①目を閉じて食事をする

  • 視覚情報カットで、空間把握、嗅覚、味覚、触覚を刺激

②ポケットの中の10円玉と100円玉を、感触だけで識別する

  • 指先の微妙な感覚(触覚)を研ぎ澄まし、大脳皮質を刺激する

③耳栓をして階段を上り降りする

  • 聴覚カットで足の指先の感覚(触覚)を鋭く

④鼻をつまんでコーヒーを飲む(※他の飲食物もOK)

⑤新聞のテレビ欄を声に出して読む

  • 脳へ情報を入れる際は、あらゆる感覚を動員した方が強い記憶になる
  • 音読効果で、脳の情報分析・理解力も早くなる
  • 音読はできるだけ大きな声で、かつ身振り手振りも加えて読むと、さらに効果的

⑥コーヒーの匂いを嗅ぎながら、魚の写真を見る

  • 匂いの記憶を混乱させることで、脳が十二文に働く状態をつくる

   ~ ↓ その他 ↓ ~

2脳は「刺激」を食べて元気になる(⑦~⑫)

  • 脳は同じ事の繰返しを嫌う
  • 新しいこと、刺激によって、脳は変化する

3「右脳・左脳」を鍛える(⑬~⑮)

  • 左右の脳など、脳のいろいろば場所を鍛える

4強い脳をつくる「食生活」(⑯~⑱)

  • 脳も臓器=エネルギーが必要
  • 必要なのはブドウ糖、酸素だけじゃない
  • 脳にいい食生活をする

5脳を元気にする「体操」(⑲~㉑)

  • 体に無理なく、続けられるお手軽体操の紹介

6アイデアを生めだせるかは「心」次第(㉒~㉚)

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く