オーダーメイド殺人クラブ(辻村深月)の書評・感想

1126views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
オーダーメイド殺人クラブ

http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-2020.html

中学二年生の小林アン。クラスの中心人物である芹香と同じグループで、倖と三人でいることが多い。一応クラスの中では中心的な存在だ。クラスの女子の人間関係を牛耳る芹香の機嫌次第で色々面倒なことになることも多いけど、どうにかなっている。
母親は美人で、お菓子づくりがうまい。赤毛のアンに憧れ、それに沿って生活を彩っているけど、アンとは決定的に価値観が合わない。それでも、自分の部屋に篭ればなんとでもなる。
どうにかやっていけている、はずだった。
アンは、周りの人間のセンスのなさにイライラしながら生きていた。学校では、誰もかれもが、誰が好きだの、誰が嫌いだの、そんなことばかりでしか会話をしない。母親の、フィクションの世界に憧れて、でも完璧さを追求することが出来ない中途半端さにもイライラしてしまう。
それでも、どうにかやっていけている、はずだった。
芹香の気まぐれで、アンが無視される空気になっている。その内終わることは分かっているけど、それでも、無視されている間の心の痛さが薄れるわけじゃない。
隣の席に座っているのは、アンが「昆虫系」と名付けた男子の一人、徳川勝利だ。何を考えているんだかわからない男子の一人。喋ったことなんて、ほとんどないし、昆虫系の男子と喋っているのを見られたらマイナスでしかないから喋るわけがない。
ある日。その徳川のふとした呟きに助けられて、アンは芹香からの無視状態を終わらせることが出来た。ホッとした。と同時に、徳川のことが気になりだしてもいた。
ある日徳川を見かけた時、徳川は何かを蹴っていた。徳川が去った後見てみると、それは、血に塗れたビニール袋だった。
徳川には分かってもらえるかもしれない。アンは、意を決して徳川に頼んだ。
「私を、殺してくれない?」

やっぱり、辻村深月は凄いですね。最新作である本書も、やっぱり凄い作品でした。
アンのイタさは、僕には懐かしいし、まばゆいし、なんだか嬉しくなってくる。
中二病という言葉を、普通に耳にするようになった。中学二年生が発想しそうなことを考えてしまう大人を揶揄するような場面で使われる言葉。まさに中学二年生であるアンは、まさに中二病と表現するのに相応しい思考・発想をしている。
だから、周りの人間と話が合わないし、言葉が通じることもない。
アンは、少年少女たちが起こした事件の記事をスクラップしている。そういう記事を眺めながら、彼ら彼女らを羨ましく想う。平凡に生きていくことよりも、たった一つしかない命を有効に使って注目されることに惹かれてしまうアン。その感覚は、やっぱりイタい。そして、自分の価値観を理解出来ない周囲の人間を「センスがない」と言い切ってしまう辺りも、実にイタい。
でも、そのアンの感覚が、凄くよく分かる。僕は中学生の頃、少年少女が起こした事件のスクラップなんかを作らなかったし、自分の命を有効に利用して、なんていう発想もしなかったと思うけど、でも、死に惹かれる感覚はあったし、周りの人間と話が通じないというモヤモヤした感覚もずっとあった。
そういう人間が、「普通の社会」の中で生きていくのは、なかなか大変だ。僕は、今でも多少そういう傾向はあるけど、学生時代なんかたぶんずっと、こんな風に思っていたはずだ。
「どうしてそんなことで笑えるんだろう?」
「どうしてそんなことで喜べるんだろう?」
「どうしてそんなことで泣けるんだろう?」

感想

最後に一つ書く。この物語は、終わらせ方が本当に難しかっただろうと思う。正直に言えば、これが正解だったのか、僕には分からない。ちょっとモヤモヤするのは事実だ。この終わらせ方で、果たしてこの世界はうまく落ち着くことが出来るのだろうか、と。辻村深月への期待が大きすぎるからだと思うんだけど、辻村深月なら、もっと美しい世界を描ききることが出来たのではないか、とそんな風に思った。いや、もちろん、終わらせ方が悪い、なんて言いたいわけでは全然ありません。
あの頃の自分が、ここにいました。自分は人とは違っている、周りはセンスがない人間ばかりだというイタい価値観の中で、自分にとって美しいものを大切にする生き方を望みながら、周りにいるそのセンスのない人間たちが自分の美しい世界を易々と壊して行ってしまう、そんな理不尽な世界の中で、ギリギリまで真剣に世界を向きあって戦って走り抜けた一人の少女の物語です

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く