仮説思考を使おう

25980viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」

地頭力の本質は、「結論から」「全体から」「単純に」考える三つの思考力である。この三つの思考力は訓練によって鍛えることができるものであり、今回は仮説思考についてまとめました。

仮説思考を覚えよう

仮説思考とは

  • ①今ある情報だけで最も可能性の高い結論(仮説)を想定し、②常にそれを最終目的地として強く意識して、③情報の精度を上げながら検証を繰り返して仮説を修正しつつ最終結論に至る思考パターンのことである。

仮説思考は応用が利く

  • 仮説思考を「最終目的地から逆算して考える」ととらえると応用範囲がきわめて広く、「はじめからでなく終わりから」「できることからでなくやるべきことから」「自分からでなく相手から」「手段からでなく目的から」等「ベクトルを逆転させる」という発想全般に適用可能である。

仮説思考におけるポイント

  • ①どんなに少ない情報からでも仮説を構築する姿勢、②前提条件を設定して先に進む力、③時間を決めてとにかく結論を出す力の三点である。

仮説思考力を使う上での留意事項

  • ①はじめの仮説にこだわらずに最新情報に基づいてフレキシブルに仮説を進化させる、②結論が早期に出る分、深堀りが甘くなることに注意する、の二点である。

仮説思考を使う際に知っておくと良いこと

検索エンジンは使いよう

  • 検索エンジンの飛躍的発達による情報の氾濫や消費者参加型の時代の到来によって、「素人」の活躍の場が圧倒的に増えてきた。ただしあくまでも、 「自分の頭を使って考えることのできる素人であれば」 という条件付きである。  考える力を発揮すれば膨大な情報・知識を活用して指数関数的に増幅させ、従来型の専門家を圧倒的に凌駕することがあっという間にできる時代になった一方で、「コピペ族」と化して思考停止してしまえば、何も考えなくてもよい時代にもなりつつある。

「落としどころ」は臨機応変に

  • 「落としどころ」というのは「その時点で想定する最善の」着地点であって、必ずそこに誘導しなければならないという偏見になってしまっては具合が悪く、あくまでもフレキシブルに変えていくというのが大前提である。

「一番精度が低い」を意識する

  • 最終結果の精度を決定するのは「一番精度が低い」部分であり、それ以外のところはいくら詳細に落としても全体の精度向上には直接的につながらないということである。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く