「朝4時起き」ですべてがうまく回りだすための早起きの工夫

4476viewsgoodenjoy0012goodenjoy0012

このエントリーをはてなブックマークに追加
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

早起きするための工夫

・熱いシャワーを浴びる
・アロマオイル→グレープフルーツが有効。
(ローズマリー、ユーカリ、ペパーミント、レモンは高血圧の人は注意)
・前日にやることリストを作成

人によって適正の睡眠時間は異なる
    ↓
3本の睡眠ライン(最低・適正・超過)を探る 90分単位の睡眠
寝坊しても気にしすぎないことが持続の秘訣。

寝つきが悪い時

・温かい飲み物を飲む(冷たいものは目が覚める)
・朝の電車での睡眠はOK。帰りはNG
・就寝前のストレッチ
・どうしても寝つけないときは割り切って、考え事をしたりする

「気づき」があるかないかは、問題意識を持って仕事をしているかどうかの差

朝になにをするのか?

・前日の反省を書きだす

・始業30分前に1日の段取りをシュミレーションする

・自分の役割をひとつづつピックアップし、課題や今後の展望について考える

・今までの考えからは全く違った視点で問題を眺め、飛躍した切り口から考えよ→頭を柔らかくするトレーニングが必要

・細かく「仕組化」しておけば、些細なことで迷う無駄な時間が減る

・質問力を鍛える
 ×質問のための質問→調べればわかる、それを聞いてどうする
 ×対話になっていない質問→ただの自分の主張
 以上二点を検証→ダメ出し

・限られた時間の中でいかに効率的に、どれだけ多くのことがこなすのか を鍛える

・当日の朝刊・前日の夕刊に目を通す

・信条・信念などを考える

・手帳に思いついた目標を書いておく→毎朝眺める→目標達成のためにはどうしたらいいのかを具体的にイメージする

・タスクは8割達成で合格→1日で全て終わらなくても、最終的につじつまが合えばよい

・googleカレンダーに過去の出来事を記入→時間の使い方の検証=自分の成長のため
     ↓
結果があったのかどうかを振り返って反省すべき点があれば軌道修正する。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く