嫌いを認め、自分の快の感情を基準に行動する事で、嫌な気持ちは驚くほどなくなります。 

2591viewsmegumegu

このエントリーをはてなブックマークに追加
ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる本 (中経の文庫)

無意識が発するメッセージが未来を作る

感情とはあなたを大事にするために、あなたに備わっている「貴重な宝物」です。
あなたが気づいていない本当の私からのシグナルです。
無意識が自分を大事にするために感情を感じるという方法でメッセージを発信しているのです。
感情を抑えたり、無視したりしていれば、嫌な気持ちで一杯になりそんな有益な情報をキャッチできません。
だから、まず小さな感情を大切にする事からはじめてほしいのです。

嫌な気持ちをごまかすのをやめる

ガマンしたくない事に気づくこと。

自分中心の感覚を身に付ける方法

繰り返し実感して自分中心の感覚を身に付けると
それだけで環境が次第に変わってくる。

他者中心の感覚

お茶を飲みながら周囲を見回す
そのときあなたは周囲の光景に目を奪われて
お茶の味もカップの感触も感じていません。

自分中心の感覚

ゆっくりとお茶を飲んでみる
湯飲みが唇にあたり、お茶の味や匂いやほっとする熱さを感じる。
五感でお茶を感じながら周囲を見回すと
自分がしっかり「在る」という感覚を感じられる。
自分の軸にした上で周囲を見回している感覚をつかむ。

困った時の定番フレーズを使う

・今は、まとめることができません
・頭が真っ白になっていて、すぐには答えられません
・いますぐには決められないので、時間をください
・今は迷っているので、待ってください
・戸惑ってしまって、どう答えていいかわかりません
・胸が一杯で、言葉が出てきません
・落ち込んでいて、あまり話す元気がありません

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く