あなたの「愛し方」を変えましょう。男性が言いたがらない「オトコ心」がわかる本。

25630viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
なぜ彼は本気で恋愛してくれないのか (ワニ文庫)

「わたしのことを考えてくれない」
「本当にわたしのこと好きなんだろうか」
と悩む女性は多いと思います。そうなってしまうのは、男性が言いたがらない「オトコ心」を知らないことも影響していると思います。そんな不幸をなくすために、ポイントをまとめてました。

男性が言いたがらない「オトコ心」知ろう。

男性は捨てられるまで恐怖を感じません。

  • 残念なことに、男女が対立するようになってから、真実が浮き彫りになります。別れる決心がつかないと、女性はその強さや自立性、強引さを前面にだして主張しようとはしません。一方、男性は捨てられるまで、自分の傷つきやすさや依存しがちな傾向、恐怖を感じることはありません。

男性が変わる時

  • 25年間、何百人の男性のカウンセリングをしてきた経験から言わせてもらいましょう。どんなによい条件でも、また、どんなに男性がその気になっていても、男性を変えるのはなかなか骨が折れます。条件付けにしばられているので、支配するのを諦めて、弱い立場になるのを怖がるからです。
  • 彼が変わるのではないかと期待していると、空しいばかりではありません。逆の結果が出てしまいます。
  • 彼の防御性やガンコさ、不信感、抵抗がかえって強まってしまうのです。信頼と安心が築かれなければ、変化はありえません。

彼女がますます彼の気持ちを疑ってしまう時

  • パートナーと心を通わせ仲むつまじくしたい、と思っているのに、それを歓迎されないと女性は拒まれたように感じます。
  • 彼の言い分です。「彼女の頭のなかにあるのは、二人の関係だけ。それがなんの役に立つっていうんだ」あくせく働いて生活と幸せを保障してやっているのに、感謝しないのも気に障ります。
  • 彼女は言います。「生活が豊かになるよりは、もっと優しくしてほしいわ」そんな言葉は彼の耳には入りません。そして誤解されていると感じたまま態度を硬化させます。それで、彼女はますます彼の気持ちを疑ってしまうのです。

男性は弱く、依存的で傷つきやすい

  • 男性がしてほしいことを知らせたがらず、困ったときにふさぎ込む傾向があるのは、弱く、依存的で傷つきやすくなるのが怖いからです。
  • 男性が真実への道筋として、論理にしがみついて、感情を信用せず、感情を出すことが出来ないのは、感情的になって自分を見失い、弱く傷つきやすくなるのが怖いからです。

男性の愛する能力引き出すには

  • 女性が男性の感じていることや実情に合わせて「与え」ない限り、二人のどちらも男性の愛する能力をじゅうぶんに引き出すことはできません。
  • 彼は押しつけがましい「愛」に対してはネガティブな反応を示し、エネルギーを衝突や自己嫌悪にばかり注ぎます。自己中心的な愛は、彼のありのままの姿に向き合おうとしないので、うっとうしく思えるのです

愛情表現のつもりで何かをして、彼に感謝してほしいと望むくらいなら、何もしない方が彼のため、二人のためです。

気にしたい特徴

ダメな男性の特徴

  • クールな寂しがり屋
  • 傷つきやすい暴君
  • 負けず嫌いな王様
  • 心の通わない肉体関係
  • 常識ある合理主義者
  • 夢追う仕事人間
  • 心が置き去りの実績主義者

ダメな女性の特徴

  • 男に罪悪感を持たせる。
  • 文句ばかりを言う。
  • 彼の行動を悪くとって解釈する。
  • 二人のうまくいっていないことについてしつこく言う、やめる。
  • ほかの男性と比べる。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く