新築に関するマナー!地鎮祭・上棟式、新築祝いのルール

2969viewsドラクエほしいドラクエほしい

このエントリーをはてなブックマークに追加
知らないと恥をかく 冠婚葬祭のマナー常識 (PHP文庫) [kindle版]

新築の家を建てた場合、地鎮祭・上棟式や新築祝い、新築祝いのお返しなどを行います。意外と知らない新築に関するマナーとは?

◆地鎮祭・上棟式

地鎮祭は、新しく家を建てるとき、工事に着手する前に、その土地の神様に工事の安全と家屋の安泰を祈る儀式です。大安、友引、先勝などの日を選んで行ないます。

土地に祭壇をしつらえ、御神酒、洗米、塩、水、山のもの、海のものを揃えた神饌を供え、神官にお祓いしてもらいます。祭壇や供え物は、工務店が用意する場合が多いようです。神官の祈祷の後、施主が土地に鍬入れをし、土地の神を鎮めます。神官には「神饌料」、工事関係者には「御祝儀」を手渡します。

上棟式は柱や梁などが組み上がり、棟木を取りつけて建物の骨組みができあがったところでする儀式で、「建前」ともいわれます。

本来は、地鎮祭と同様に、神官を招いて祈祷してもらうものですが、最近は建築主と工事関係者が集まり、棟梁が取り仕切ることが多く、事実上、一段落したところで工事関係者をねぎらう意味合いが強くなっています。工事関係者には車利用の人も多いため、折り詰めとお酒を持ち帰ってもらう形式も増えています。

地方によっては「餅まき」などと呼んで、建築主が餅や菓子を建物の上からまく風習もあります。

◆新築祝いは明るい昼間に招待する

念願のマイホームが完成したり分譲マンションに入居したら、親戚や友人を新居に招いて披露します。家の外観や中を見てもらうのが目的ですから、日中、明るいうちにお招きするようにしましょう。顔ぶれを考え、何組かに分けてお招きするのもいいでしょう。

家の披露なのですから、プライベートゾーンも含めて、家の中を一通り案内します。このとき、事前にいただいた新築祝いがあれば、忘れずに飾っておくようにします。

もてなしはサンドイッチ、オードブル、寿司の盛りあわせなど、みなで気軽につまめるものを用意するか、人数によっては手作りの食事も喜ばれます。

◆新築祝いに火に関係するものは避ける

親しい相手なら、希望を聞いて贈るのがいちばんです。インテリア小物などは先方の好みもあるので、花鉢や観葉植物などを選ぶか、現金や商品券などを贈るのが一般的です。

お祝いの品にはライター、灰皿、暖房器具など、火を連想させるものは避けます。

また、新築祝いの席では「傷つく」「壊れる」「傾く」「燃える」「倒れる」というような言葉はタブーとされています。

よく、吉兆の方角について口にしたり、風水を話題にすることもありますが、建築主が話しだしたとき以外はこうした話題は避け、話に深入りすることも避けるほうが賢明です。

紅白・蝶結びの水引の祝儀袋に、表書きは「御新築祝」とします。中古住宅・中古マンションを購入したという場合なら、「新居御祝」とします。

◆新築祝いのお返しは

新築祝いのお返しは、新居に招いた人には不要です。お招きしなかった人には、「新築内祝」とし、いただいた金額の半分程度を目安にして、石鹸、タオルなどを送ります。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く