交通事故のトラブルの鉄則!できる限りの「証拠保全」をしよう!

1780viewsドラクエほしいドラクエほしい

このエントリーをはてなブックマークに追加
自動車保険の落とし穴 (朝日新書)

できる限りの「証拠保全」が鉄則

交通事故のトラブルで裁判にまでもつれ込むようなケースでは、事故の事実関係(過失割合)が問題になってきます。損害額が大きくなればなるほど、損保会社の査定も厳しくなることを覚悟しなければなりません。「死人に口なし」的な理不尽な査定から身を守るためには、とにかく事故直後から、できる限りの証拠保全をしておくことが必要です。

まず、事故時に身につけていた衣類、ヘルメット、靴などは、絶対に捨ててしまわないように気をつけてください。バイクや自転車に乗っているときの事故はもちろんのこと、自動車事故の場合でもです。何が証拠になるかは、ずっと後になってからでないとわからないものです。衣類などは血が付いていたり切られたりして、目にするのもつらいものですが、洗濯せずそのまま保管しておきましょう。

事故車も同じです。警察で保管してくれない場合は、自分たちで保管する方法を考えてください。置き場所がどうしても見つからない場合は、事故車の損傷の程度や、傷の形状がわかるような写真をできる限りたくさん撮っておきましょう。

事故現場の写真も大切な証拠です。路面のタイヤ痕、落下物、ガードレールなどの損傷、これらは、時間の経過とともにどんどん消えてしまいますので、事故の事実関係を知る上では非常に大切な証拠です。現場周辺の監視カメラなどもチェックし、映像が消えてしまう前に押さえておかなければなりません。

写真を撮るさいのポイントは、とにかくあらゆる角度から何枚も撮っておくことです。後で寸法がわかるように、メジャーなどを入れて写し込んでおくと便利です。また、現場撮影のさいは、場所が特定できるように目印になりそうなものを一緒に入れるなど工夫をしてください。

ドライブレコーダーをつけておく

たった1枚のブレーキ痕の写真や監視カメラの1コマの映像が、事故の真実を立証したというケースもありました。それがなければ相手の言い分だけで処理されて、不当な過失が押し付けられていたことでしょう。そしてそうなると、被害者といえども賠償金は大幅に減額され、十分な治療も受けられなくなってしまいます。

こんな事態になっても、泣き寝入りだけは絶対に避けなければなりません。だからこそ、自分たちで写真や映像に記録しておかなければならないのです。万が一の事故対策として、自分の車に「ドライブレコーダー」を装着しましょう。

いざというときのために、こうした自己防衛策も必要ではないでしょうか?

感想

ドライブレコーダー買おうかな。雪でスリップ防ぎたいし!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く