介護保険のサービスを利用するなら知っておきたい介護保険制度の超基本

2350views海荷lover海荷lover

このエントリーをはてなブックマークに追加
図解 介護保険・成年後見・相続がわかる事典 改訂新版

介護保険制度とは

医療とともに重要な問題になるのが介護です。介護問題に対応する公的社会保険制度に介護保険があります。介護保険制度は、被保険者が、介護を必要とする状態になったときに必要なサービスが提供される制度です。

介護保険のシステムを運用しているのは、市町村や特別区(東京都の23区のこと)です。被保険者は介護保険制度に加入して、保険料を納付し、サービスを受けます。介護保険の被保険者は、第1号被保険者と第2号被保険者に分かれています。65歳以上の人が第1号被保険者で、医療保険に加入している40~64歳の人が第2号被保険者です。介護保険の利用者は、利用したサービスについての費用につき、1割を自己負担します。

介護保険を利用するには申請が必要

介護保険のサービスを利用するためには、申請をして、介護給付や予防給付が必要である、といった認定を受けることが必要です。介護保険は、要支援者あるいは要介護者の認定を受けた人だけが、介護保険の給付を受けることができます。

要介護認定の申請を行うときには、第1号被保険者は手元にある被保険者証を添えて申請書を提出する必要があります。第2号被保険者は、手元に被保険者証がありませんから、申請書だけを提出します。

必要事項を書いた申請書を提出してから30日以内に、訪問調査、主治医の意見書の提出、1次判定、2次判定という手続を経て、最終的な要介護認定が行われます。要介護認定の結果については、申請者のもとに通知されます。

このときに、申請時に提出した被保険者証も返却されます。要介護・要支援者と認定された場合には、送付されてきた被保険者証には該当する要介護度、給付限度額、今回の認定の有効期限などが記載されています。

要支援者

要支援者とは、要支援状態(介護の軽減や悪化を防ぐための支援を必要とする状態)にある人で、要支援1と要支援2に分類されます。要介護者とは、要介護状態(日常生活を送る上で必要となる基本的な動作をとるときに介護を必要とする状態)にある人のことで、要介護1~要介護5までの5段階に分かれています。一番軽い区分である要支援1の場合でも、立ち上がる時に手助けが必要となる程度の状態であることが必要です。

なお、自立と判定された場合には、被保険者証にこうした記載はされず、介護保険を利用することはできません。

感想

情報量が多くて、結構名書かも。ひと通り介護保険は理解しているからもっと深く知りたい人にはたまらない本です!

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く