日本一有名なニートの本!ニートの歩き方の書評・感想

2576views黒夜行黒夜行

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

内容に入ろうと思います。
本書は、「日本一有名なニート」とも言われている著者が、自身の生き方や考え方を綴り、自分と同じような人間に、もっと楽な生き方があるよ、と示唆する作品です。何故「日本一有名」なのかと言えば、この著者が京大卒だからでしょう。また、プログラミング好きな人間を集めた「ギークハウス」というシェアハウスの発起人でもあるようです。
先程も書いたけど、本書は、「自分と同じような人間に、もっと楽な生き方があるよ、と示唆する作品」です。なので、世の中の大多数の人は、この著者の価値観に共感しないでしょう。だからむしろ、本書を読んで、こんな考え方は全然理解できない、と思った方は、とても正常で、世の中でほどほどにうまく生きていられている人なのではないかと思います。
僕は、著者の考え方が物凄く理解できてしまいます。僕は、この著者とまったく同じ考え方なわけではないので、この著者のようには生きられないと思います。けど、根本的な考え方は、とても似ている。どちらかと言えば僕も、社会にうまく馴染めない人間で、色んなラッキーの積み重ねで今どうにか生きてるよなぁ、といつも思っています(著者も、同じようなことを書いていました)

『どちらにしてもあのままずっと会社に勤め続けることは自分の性質的に無理だっただろう。仕事を辞めなくてもどこかで潰れていた。どうせ辞めるならできるだけ若いうちのほうがいい。人生引き際が肝心だ。』

著者は京大卒業後、一旦は就職してみたものの、やはり仕事をし続けることが苦痛で辞めてしまった。著者の「どちらにしてもあのままいたら自分は潰れていた」というのは、僕の大学時代の思考とまったく同じだ。僕も著者と同じように勉強は出来て、そこそこ良い大学にいたんだけど、「このまま大学にいたら就職しなくちゃいけないよな。でも、自分がまともに働けるとは思えないぞ。さっさと脱落しておかないとヤバイんじゃないか」というようなことを考えて、大学を辞めたような気がする。だからこの著者の、「あのままいたら潰れていた」という感覚は、とてもよく分かる。

『世の中で一般的とされているルールや常識や当たり前は、世の中で多数派とされている人たちに最適化して作られている。少数派がそんなアウェイな土俵で戦っても負けるだけだ。無理して我慢しても意味がないし、向いていない場所からは早めに逃げたほうがいい。レールから外れることで自分と違う人種の人たちにどう思われようが気にすることはない』

これは僕も、いつも同じことを考えている。僕自身、「常識」や「当たり前」に守られていることも当然あるだろうけど、でも多くの場合、「常識」や「当たり前」がしっくりこない。なんでそうしなくちゃいけないんだろう?なんでそんな風に考えなくちゃいけないんだろう?そう思うようなことが世の中には多すぎる。昔から不思議だったのだ。なんでみんなこういうことに疑問を持たないんだろうと。でも大人になるに従って、こういうことに疑問を持たない人が多数派だからこそこういう「常識」や「当たり前」が存在しているのだ、ということに気がついた。だから今では、あまりそういうことに表立って抵抗はしないようにした。抵抗したって、無駄だ。多数派が、無邪気に積み上げてきた「常識」や「当たり前」は、とても強固だ。僕一人が抵抗したところで、揺さぶられもしない。だから、そんな「常識」や「当たり前」からは、さっさと逃げるしかない。

感想

著者は、自分の立ち位置を客観的に見定め、社会や常識を違った方向から眺め、多勢に流されることなく、自分の考え方をきちんと持ち、そしてその価値観を裏切ることなく行動に移す。なかなか出来ることではないと思う。著者の考え方を受け入れることが出来るかはともかくとして、自分の生き方や価値観などについて、ここまで向き合って真剣に考えられる人はそう多くはないだろう。恐らく、多数派であればあるほど、社会の常識や当たり前に疑問を感じない人であればあるほど、自分の生き方や価値観と向き合って考えることは難しくなっていく。どんな生き方をしていようが、自分がどこに立っていて、そこでどう生きているのかを客観的に見定めることが出来ているのであれば、そしてその生き方そのものが誰か他人の迷惑になっていないなら、それは誰かがとやかく言うようなことではないだろう。僕ももっと、自分の肌感覚みたいなものに従って生きていこうかなと思う

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く