株に関心のある初心者必読の書!世界経済の動き、関連をわかりやすく解説「お金の神様」

2914views経済本とかマンガとか経済本とかマンガとか

このエントリーをはてなブックマークに追加
お金の神様 資産を守る、投資で儲ける!

不動産価値

  • 急行の止まる駅の様子に注目
  • 在庫の増減に気を配る
  • 不動産経済研究所のマンション市場動向「契約率」底は60%

連動

底入れ→底打ち
アメリカ→日本

アメリカの景気を読む指標

  • 雇用統計、特に非農業部門(もっとも有効)
  • 中古住宅販売件数(先取りの意味では)
  • 商業用不動産経営

銀行の不良債権

株価

  • 一年で最もパフォーマンスが悪いのが9月で、暴落が起きる可能性が高いのが10月

企業分析

  • 四季報は、振るい落としのために使う
  • 有利子負債を調べて、利益余剰金より圧倒的に多い会社を避ける

  • 気になる銘柄は経済の大きな流れから読み取る
→アメリカが環境分野に力を入れ始めた→例え、将来的に儲かる産業に育たなかったとしても、注目を浴びれば理想買いが入る

  • 数ある関連銘柄からどれを選ぶべきか
→バブル時の「出遅れ銘柄」を狙う。

  • どういうタイプの銘柄が外国人投資家に好まれるか
→時価総額が大きく流動性が高い国際優良銘柄。さらには赤字から黒字へのV字回復や、無配から配当したもの

  • これからどういう条件が悪材料視されるか

  • 個人投資家が見るのは、値動きの荒い、中小型株のため、TOPIX(東証一部全銘柄)

  • 循環物色:その銘柄が、売られている間は別の銘柄が買われる
→別の銘柄を買うべし
※ただし、重要なのは「大局」

  • 企業年金の積立不足に注意(東芝、三洋電機、石川製作所など)

参考

  • 日興アセットマネジメントの「上場インデックスファンド海外新興国株式」「上場インデックスファンド海外先進国株式」

手数料安くてよし。世界の潮流を見失わなければあり。

  • 外国人投資家は為替差益のために円高の時に売りを出し、円安の時に買いを入れる

  • ドル建ての日経平均を見れば、外国人投資家の動きが理解できる
このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く