無限の可能性の脳を200%フル活用するヒント

2397viewskaerumamakaerumama

このエントリーをはてなブックマークに追加
脳を活かす仕事術

前頭葉を活性化させ、生命の輝きながらを放つための五つの行動
1クリエイティビティ2セレンディピティ(偶然の幸福に出会う力)3オプティミスト(楽天家)4ダイナミックレンジ(情報の受信範囲)が広いこと5イノベーション(改革・革新)を忘れないこと
1脳の入力と出力のサイクルを回す
感覚系の学習と運動系の学習のバランスをよく。感覚系の入力が多くなってしまう現代においめは、意識的に運動系の出力をすることが重要。脳の出力を高めるためには、脳に入力された感動した言葉、役にたちそうな情報を友人などに実際に話して出力することが大切。
2脳の情報整理術
脳を情報の暗記や整理に使わない。例えば、やらなければいけない事は、脳ではなくパソコン等に覚えこませておく。背伸びして自分を鍛える。例えば、不特定多数の人に見られるブログを書くことで、見栄を張る。
3身体を使って脳を動かす。
実際に口と手を使って脳に刺激を与える。1時間脳セットアップ法で行動を習慣化。脳は長いスパンで目標を覚えていなき。仕事をやると決めたら一秒後に仕事に集中する、ということを繰り返し繰り返しすることで、集中回路は鍛えられる。簡単な行動でのう脳セットアップを切り替える。自分が、少しハードルが高いなと思うような、目標をたてて、それと戦う。
4創造性は『経験×意欲+準備』で生まれる。よって、若いから頭が柔らかいので、創造性に富んでいるわけではない。老いてもなお頑張るべし。無意識を耕すと創造性を発揮しやすくなる。
5出会いが、アイデアを具現化する。セレンディピティは、行動し、気付き、受け入れることが大事。コミットメントがないとセレンディピティを活かせない。ああいう人になりたいと思える対象を探す。ミラニューロンで、苦手な人からもよいところを吸収する。
6脳は楽観主義でちょうどいい。
根拠なき自信。笑って仕事をする。無意識を意識化すると、ストレスが怖くなくなる。脳のモードを切り替えると、ストレスに強くなる。身体を、動かすことで、無意識を、コントロールする。
7ダイナミックレンジが人生の幅を広げる。
一芸に秀でるためには、総合力が必要。なるべく多くのリアルに触れる。人生のアウェー戦をする機会を増やす。
8道なき場所に道を作るのが仕事である
一番の理想は自分で需要を作り出すこと。小さなイノベーションを積み重ねていく。仕事の大半は教師なし学習。道なき場所を走る。受難を情熱で乗り越えることが大事。喜びを、かんじられるものは、どんどん突き詰めていく。

おわりに
脳は何度でもやり直しがきく!

感想

今の仕事に疑問を持っている人。向いてないのではと。でも、まわり道もきっと、新しい能力が備わって最終的には理想的な自分になっているかも。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く