女は不倫を見抜く天才!

2705views海荷lover海荷lover

このエントリーをはてなブックマークに追加
女探偵が教える心ののぞき方

女はレシート一枚からでも不倫を見抜く

「夫が絶対浮気をしているんです、調べてください!」。

「まあまあ」と女性を落ちつかせて、面談室で話を聞いてみると、彼女は夫の財布からくすねてきたという一枚の居酒屋のレシートを取り出しました。レシートを机の上に置き、そして彼女の言い分を聞いてみると、 「ほら、ここに『人数2』って書いてあるでしょ。

二人で行ったってことですよね。それで頼んだのがオレンジジュース1、チューハイ1。主人は会社の同僚と一緒に行ったって言うんですけど、男二人で行って、オレンジジュースを頼むと思います?」

ふむふむ、たしかに、居酒屋でオレンジジュースを飲む男性はあまり見かけたことがありません。

「で、ね、ここに『アイスクリーム1』って書いてあるじゃないですか。男がアイスクリーム食べますか? これ見て、私、女だって確信したんです!」

見事な推理です。それで調べてみると、やはり奥さんの思った通り、ダンナは会社の同僚と浮気をしていました。女の洞察力は鋭いもの。そしてほとんどの女はこの手の嗅覚に優れています。

女が男を疑い始めたとき、一番はじめにチェックするのは、携帯電話と手帳、財布の中身です。それもさもさりげなくチェックし始めます。もし彼女があなたの身辺を探り始めたら、「あなたはもう疑われている」と思って間違いありません。そして確実に、彼女はあなたの秘密をかぎつけます。

たいていの男性はあまりにうかつに浮気の証拠を残しすぎます。一方、女は、こういう初歩的なヘマはやりません。証拠になるようなものはいっさい残さないし、アリバイが必要なときは女友達を使って完璧に口裏を合わせます。それは、浮気に対する考え方が、男と女で決定的に違うからです。

男は、見ず知らずの女性とひと晩だけのアバンチュールがかなったら、「ラッキー!」と思います。たとえば飲み屋で偶然知り合った女性と、何かのはずみでホテルに行くことになったら、「しめた!」と喜ぶのが男という生き物。

あなたが真面目で実際にそんなことは絶対にしないとしても、ちょっとは「ラッキー」と思うでしょう? 女はといえば、酔ったはずみで男性とひと晩をともにすることがあったとしても、たいていは「ラッキー!」とは思わない。

翌朝、目覚めて「しまった! 穴があったら入りたい!」と思うことのほうが多いものです。ここが、「体」が先の男と「心」が先の女の決定的な違いでしょう。かたや「ラッキー!」、かたや「しまった!」。この意識の違いが、証拠隠滅の違いになって表れます。

女は、生まれつき「探偵」である

男は、いちおうアリバイをつくるのですが、本当にその詰めが甘いのです。もともと女は細かいので、

「何人で行ったの?」
「何て店に行ったの?」
「何を食べたの?」
「何時ごろ別れたの?」
「で、どうだったの?」

とディテールまで聞き出しますが、そうすると男はすぐ答えに詰まってしまいます。アリバイをつくるのなら、細かいところまでシミュレーションしておかなければいけないのに、その詰めを怠っているのです。証拠をあちこち残しておくのも男に多い特徴。

もっとも、浮気がバレる一番の原因は携帯電話。命とりになる浮気相手とのメールを残しておきたがります。携帯をロックするのは問題外。イタリアの女性探偵社でも、やはり浮気がバレる八六%は携帯電話からだといいますから、男の隠し事ができない性質は世界共通でしょうか。

男は、細かな詰めは苦手でも、大局をとらえる目に優れています。世の中の動きや経済の動向など大きな状況の変化をとらえるのは得意なのです。互いの得意分野を生かし、尊重し合えばいいのです。

男は大きなところから全体をつかむのが得意。女は細かい細部をとらえるのが得意。

感想

探偵って面白い職業ですよね。まほろの便利屋のように人間模様を覗けます。やはり、相談で多いのは不倫。探偵ならではの視点がわかり面白いですね。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く