100億年を翔ける宇宙の目次紹介・感想

2497views気になる本気になる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
100億年を翔ける宇宙―ビッグバンから生命の誕生まで

まえがき

100億年前から続いている事を数百年見たからと言ってすべてが分かるわけがない。では天文学者はどのようにしてその予測をしているのであろうか?という疑問を持ちながら読んで頂きたいと作者は言っている。

目次

きらびやかな宇宙のすがた

  • 宇宙にきらめく天体たち
  • 宇宙を見る目

昔の人々の宇宙

  • 古代人が考えた宇宙
  • 宇宙はどこまで広いか
  • 空間の奇妙な曲がり
  • 宇宙の昔

宇宙のはじめ

  • 宇宙が誕生したころ
  • 熱い宇宙からきた『手紙』
  • 宇宙はどこまで膨張するか
  • 宇宙の年齢
  • 遠くを見ると昔が見える。

銀河が出来る

  • のっぺりとした世界から天体のある世界へ
  • 個性的な銀河たち
  • 銀河団とダークマター

星の誕生から死まで

  • 星はなぜ生まれるのか
  • 太陽はなぜ光るのか
  • カンオケに入った星:中性子星・ブラックホール

太陽系が出来て生命が生まれた。

感想

写真や絵が入っているのでとても見やすい本でした。とくに古代人の考える宇宙と言うのは非常に面白いと思います。普段接している宇宙とまた別の宇宙を発見できると思います。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く