会計学講義の目次紹介・感想

3025views気になる本気になる本

このエントリーをはてなブックマークに追加
会計学講義

目次

第1章:会計の機能と制度

  • 会計の機能
  • 会計規制の体系

第2章:基礎概念と一般原則

  • 基礎概念
  • 企業会計の一般原則
  • リース物件の資産性と負債認識

第3章:財務諸表の体系

  • 損益計算書
  • 貸借対照表
  • 株主資本等変動計算書
  • キャッシュ・フロー計算書

第4章:財務諸表の作成原理(1)期中の会計

  • 取引データの分類
  • 仕訳データの科目別集計

第5章:財務諸表の作成原理(2)決算時の会計

  • 試算表への各勘定残高の集計
  • 期中記録の補正
  • 財務諸表の作成

第6章:棚卸資産の原価配分と評価

  • 棚卸資産の範囲と区分
  • 棚卸資産の取得原価の算定
  • 棚卸資産の数量計算

第7章:固定資産の原価配分と評価

  • 固定資産の範囲と区分
  • 有形固定資産会計の体系
  • 取得原価の決定
  • 原価償却

第8章:繰延資産等の会計処理

  • 繰延資産の性格
  • 繰延資産の会計処理・開示
  • 研究開発とソフトウェアのための支出

第9章:金融商品の会計

  • 金融商品の範囲と会計問題
  • 金融商品の発生と消滅の認識
  • 有価証券の評価基準と評価差額

第10章:負債の会計

  • 負債の認識をめぐる問題状況
  • 負債認識の会計方式
  • 負債性引当金

第11章:純資産の会計

  • 資本と利益をめぐる基礎概念
  • 純資産の部の区分
  • 資本金の増加と減少

第12章:収益の認識と測定

  • 収益認識の一般的考え方
  • 操業収益の認識
  • 役務収益の認識

第13章:企業結合と連結会計

あとがきに代えて-会計学の常識と非常識-

感想

会計学の論文を書く際の参考文献として有用だと思います。東京大学出版から出ています。会計学を勉強したい方は変な本を買うよりはこういった本でガッツリ勉強した方がいい気がします。

会計学講義

会計学講義

  • 醍醐 聰

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く