自分の中に毒を持て!岡本太郎の常識を抜け出す名言集

2554viewsならずものならずもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間”を捨てられるか (青春文庫)

計画性を考えずになんでも手を出してみる
ありのままの自分を貫くしか無い
あっちこっち見て気を使いながらかっこよくイージーに生きようとすると人生を貫く芯がなくなる
名も無い人間の方がよっぽど無条件な精神力を持って世界に挑むというファイトを持ちえる
成功しない人間のほうがはるかに充実していける

下手である
x→ジメジメして下手であることを認めてはダメ
o→自由に明るくのびのびとユニークな下手さを押し出す
歌が巧いやつだってもっと巧い奴に劣っていると思っている

精神が拡がる時と行き詰まる時がある
とじこもりがちな人程拡がる
行き詰まりがあるから楽しい突破できる

自分を大事にしすぎる
友達から孤立してもいい

自分をチッポケな存在だと思うと客観視出来る
※自分を投げ出さない

日本→無難が美徳
出る杭になれ打ち砕かれることを恐れず自分を純粋に突き出すこと
信者が一人も居ない教祖
社会に受け入れられなくて不幸な目にあったとしても純粋に生きるための不幸は生きがいだと思うしか無い

x失敗は成功のもと→功利的
o成功は失敗のもと→失敗こそが生きる喜び

経営者の面々→人間喪失
人生うまくやろう成功しよう利口ぶった考え→いやしい
うまくやろうとする
結果→人の思惑にのせられ社会のコンベアーにのせられる

感想

本を読むときヤマトのメモックで好きなとこをチェックしてたが
透明フィルムふせんのが剥がしやすく切れ目も綺麗繰り返し使えて便利だった
その上静電気で紙に張り付く感じが気持ちよすぎ
いちいちテープカットする必要もない
最初妙なものに手を出して基本のものの良さに気づくということよくあるなーと思った

太郎さんは自由で勇気づけられる本だと思った

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く