やってみよう! 感情マーケティング!

28282viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの会社が90日で儲かる!―感情マーケティングでお客をつかむ

感情マーケティングを始めよう!

感情マーケティング

  • 感情マーケティングとは、「どんな言葉、どんな文章を展開した場合に、反応が高まるのか?どんなレイアウト、どんなデザインにしたときに、消費感情が動くのか?そういう法則性を導く試み」である。

方針

  • できるだけ高く売ることを考える。
  • ビジネスの本質とは、見込み客を費用効果的に集め、その見込み客を制約し、既存客にする。その既存客に繰り返し買ってもらって、固定客にする。
  • 希少性のルールを使う。手に入りにくい物は欲しくなるという法則。
  • 商品の切り口を変えるだけで、売上は10倍もかわる。

仕組み

  • 新規開拓ができない会社は、簡単な営業プロセスを作り上げること。
  • 戦略とツール、両方がしっかりしていないと、機能しない。
  • 出来る営業マンはしゃべらない。
  • 情報ツールでお客様を集める、相手から手を上げてもらうことにより、専門家として位置づける、成約に至るまで、お客様があなたは自ら登れるスムーズな階段を用意する。
  • 広告宣伝は、興味のある人を集めることに徹底する。

感情を掴む

  • 人間は理屈では買わない、感情で買う。そのあとに理屈で正当化する。
  • 商品には絶対的な価値とお客様が感じる価値がある。お客様の感じる価値を高め、価格を高くすること。
  • 一人一人のお客様と、心の交流を持つこと。
  • お客様は欲しいという感情が生まれた時に初めて商品説明も求める。順番を間違えてはいけない。
  • 商品を売る前に自分を売る。会社の姿勢やこだわりを売る。人間くささを前面に出す。
  • いかにお客様の心をつかむか。いかにお客様と感情的なつながりを持つことができるか。
  • 行動する原因は、快楽を求めるか、苦痛から逃れる。いずれかのみ。通常、苦痛から逃れるほうが強い。
  • お客様を見つけ、お客様に欲しい商品を聞き、それを提供する。
  • お客商品を買うのではなく、ショッピングという体験を買っている。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く