口コミを伝染させるバズテクニック

8241viewshisahisahisahisa

このエントリーをはてなブックマークに追加
口コミ伝染病―お客がお客を連れてくる実践プログラム

口コミの脱・常識

①顧客満足が得られれば、口コミしてくれる:期待させないという高度テクニック。期待と現実のギャップが人の気持ちを動かす。多くの会社は、期待を高めすぎて失敗する。
②商品が良ければ、口コミする:商品品質がいいことは、必要最低条件であって、十分条件を満たしていない。十分条件は劇的な体験である。口コミになる店は、面白い、変な、凄いという形容詞がつくような劇的な空間であることが多い。
③悪い口コミほど、早く伝わる:お客様は、あなたが潰れようが知ったことではない。お客様は、「今日の夕飯どうしよう」とか「あのキャバクラ嬢いいな」とか自分のことで、頭が埋まっている。だから、あなたの側で努力をしなければ、悪評は伝わることはない。食品業界、外食産業のように口コミが早く伝わる業界では、悪評に対して緊急性を持って対応する。その他多くの産業では、お客様はあなたの会社について、あなたが思っているほど関心はない。いい口コミも悪い口コミも広げるのは難しい。悪い噂があったとしても、過剰反応するな。冷静に対応しよう。
④口コミは、お客様がするものである:社外に向けて、熱っぽく語れるものがある会社が、口コミが起こりやすい会社の典型。口コミは社内から起きる。
⑤口コミは、最高の宣伝媒体である:口コミが起こりやすい業界を判別する二つの軸は、縦が「誰とでも話題にできるか」は初対面の人と話題にしやすい商品を販売しているか。横軸の「複数人数で利用するか」は一人で利用する商品なのか、複数人数で利用する商品か。口コミが起こりやすい業界は、誰とでも話題に出来る商品を取り扱い、その話題となった商品が、複数人数で利用されるもの。

しゃべりたくなる感情の引き金

①不幸、災難、そしてスキャンダル
②崖っぷちから、逆転ホームラン
③十字軍に駆り立てる
④私のことを、分かってくれる
⑤ヒーローになる自分がヒーローになれる機会はそんなにないから、お客様をヒーローにしてあげよう。
⑥行列に並ぶ
⑦コミュニティに参加する

口コミ伝染プロセス

①伝染させる人:しゃべることを職業にしている人は、口コミの大きな原動力となる。お客様全員に同じくらいの労力をかけるのではなく、紹介しやすい傾向がある、影響力のある少人数に、社内リソースを使っていく。
②話題になる商品:口コミは、システム化することで、未来永劫に続く利益を生む。口コミになるのは、分かりやすい商品。
③話される場所:お客様が口コミを伝染させる場所。お客様は、どこの場所で自分の商品を話題にするか?
④話題になるきっかけ:「トップ紹介マンは、どんなきっかけで、その話題を出すのか?」
⑤伝えられるメッセージ:決まり文句が、口コミを起こす核心部分。誰にでも直感的に分かる、簡潔なメッセージにする。極めて単純にする。二つ以上の特長を20秒以内で伝えることが、商品を明確化し、なおかつ、簡潔で伝わりやすいメッセージを作る。
⑥記憶に粘りつくツール:話のきっかけをつかむ単純な作業を、具体的に描写するとお客様は、紹介する場面をイメージできる。

口コミ伝染させ、売上アップを測るステップ

①お客様の声を集める
②ニュースレターを発行する
③携帯できる伝染ツールを作る
④小冊子を作る
⑤イベントを開催する

口コミのポイント

・水のない井戸を掘り続けない。井戸を掘り続けるのは思考停止の危険信号。スコップを変えても水がなければ掘る意味はない。枯れた井戸から抜け出すのは、掘るのを止める。井戸の外に出て、周りを見回す。また、井戸は必ず枯れる。
・自分の売りたいものを販売するのではなく、お客様が欲しいものを販売するのが商売の基本。
・ライフサイクル:導入期⇒成長期⇒成熟期
・会社が取るべき営業戦略は、導入期、成長期、成熟期に応じて違う。
・広告宣伝は、三年後に終わりにしましょう。広告宣伝の目的は、広告宣伝費がゼロでもやっていける会社を作ること。
・頭を使わない労働は罪。肉体労働とは、電話をとって、書類を片付けて、雑事に追われる作業。お金持ちは、体を使わず、頭を使う。
・口コミが起こるその一瞬を描写すること。話題にしやすくなるきっかけを多く想像すること。
・商売が上手な人が体系的にいろんなことをやるが、それを表面的に真似をすると、本質的な考えがなくなり、そのツールだけが一人歩きする。本来の目的を忘れてしまうと、ツールを作ること自体が目的となる。

感想

神田さんの本はわかりやすくていい! クチコミって本当に大切です。どんなにいい商品もプロモーションできないと意味がない! これはおすすめの本です!

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く