現役東大生の方が実践するノート術

4774viewssodasoda

このエントリーをはてなブックマークに追加
ビジネスでも、資格取得でもすごい効果!  現役東大生がこっそりやっている、頭がよくなる勉強法

私は勉強法を紹介している本がとても好きなのですが、
本書で印象深いノートの取り方が紹介されていました。

ノートを取る時は、覚えてから書く

普段学校の講義やセミナーでノートを取る時は、
板書や講師の発言などをメモし、後ほど落ち着いてから復習する方が多いと思います。

しかしこの本では、「ノートに書く前にまず覚えること。」が良いとされています。

これを実践することで、以下のメリットが生まれます。

  • 頭の中の情報のOutPutが出来、ノートに書くと同時に復習が出来る
  • OutPutをすることで、何を理解し、何が理解できていないのかが明確になる

言葉としてすらすら出てこない部分はまだ自分が「理解できていない」部分です。
この覚えて書く方法は、上記を曖昧のまま終わらせない良い方法だと思います。

ノートは右側に線を引いて使う

これは、ノートに疑問点や課題などをメモしておく余白を取っておく方法です。
私の経験上、これらのメモを書くスペースは予め確保しておいた方が良いです。
色んなところに散在して書いてしまうと、後々分かりづらくなってしまうからです。

このように最初から余白が設けられているノートが市販されています。
A4 コーネルメソッドノート 5mm方眼【イエロー】 DA032-64
出版社/メーカー: 学研ステイフル

ノートは、Inputの道具として使用しつつも、
Outputの道具としてより意識すると、より活用できるかもしれませんね。

感想

勉強法の本は、自分の良いと思ったものを手早くピックアップして取り入れていくのが良いと思います。
勉強法の勉強をいくら頑張っても、全然スキルアップはしないので、
あくまで補助的・息抜き的に呼んで、良いTIPSがあったらラッキーという感じで気軽に読むことをオススメします。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く