一流の男の見極め方

3197viewshiyusukejphiyusukejp

このエントリーをはてなブックマークに追加
こんな男を選びなさい! (王様文庫)

目次

第1章:”絶対に間違いない”男の見方、選び方
第2章:こんな「ダメな男」に引っかかるな!
第3章:あなたを「いい女」に変える男とは?
第4章:一流の男は、女に何を求めているのか

内容

「一流の男を選べ」
これが本書の一番言いたいことである。

一流の男とは、「仕事ができること」「能力があること」であると本書は定義する。
本書では、
・一流の男をどのように探すのか?(第1章)
・一流の男ではない人とは?(第2章)
・どういう男が一流の男なのか?(第3章)
・一流の男に求められるには?(第4章)
という流れで説明を加えていく。

少し極端では?と思ってしまう箇所も数多くあるが、
それでも参考にすべき部分があることも事実。

以下に各章の具体的な内容を書き記してみたい。

<第1章>
・「なぜ、今の仕事を選んだのか聞け」
高い意識を志を持ち、出世しようと努力しているかで一流か判断せよ。
・「計画を立てて」「努力している」男を選べ
刹那的で計画性のない男はダメである。夢や野心を持ち、それに向かって計画を立てて行動しているかで一流か判断せよ。

<第2章>
・「買いたい物」を買う男、「買える物」だけ買う男
自分の限界から脱せず、「買える物」しか買わない男はダメ男である。
・「お金のためだけに働く男は成功できない」
お金のためだけの男はダメ男である。お金以外の野心や強い心のある男を選ぶべきである。

<第3章>
・出会ってすぐに確かめるべきこと
どんな仕事をしていて、どんな将来の夢があるのかを聞いてみる。
「やりたいことが決まっていない」男を選んではいけない
・「女よりも仕事」という男は間違いない
男にとって、「一番」が女になったら、もうその男は終わりである。
男の価値は、いかに人生で勝とうとしているかである。

<第4章>
・「恋愛ごっこ」を卒業する
「貧乏でも愛があればいい」といった恋愛ごっこではなく、
一流の男をつかまえる気で、本気の恋愛をしなければいけない
・「好き」なだけで「結婚」するな
生活力のない男(=お金のない男)とは結婚してはいけない。
また人間性も一流でない男と結婚するものNGである。

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く