弔事の服装マナー

2492viewsかんながいいかんながいい

このエントリーをはてなブックマークに追加
1冊で安心! 葬儀・法要・相続がよくわかる本 (PHPビジュアル実用BOOKS)

弔問で着る洋服とは

友人の訃報を聞いて、とにかく家族のためにかけつけたいというなら、そのとき身に着けている服装のまま急いで行くのが当然だ。

死者の出た家を弔問するのだからと、わざわざ喪服に着替えてまで行くのはかえって予期していたみたいにも受け取られ、失礼になってしまう。だいいち遺族にしたって急なことで身だしなみがととのわないのがふつう。

パーティに出席していて光る素材の衣服を着ているというような特別なケースでなければ、仕事に着ていく服などで十分。あなたが女性で、手伝いをするつもりならエプロンを持参し、アクセサリー類ははずして控えめのメイクに直す心づかいをしよう。

男性の弔事の正装

通夜や告別式に参列するとき、喪服としてきちんと整ったスタイルにするには、ブラックスーツにブラックタイというだけでは完璧でない。まずタイピンやタイタックは使わない、ポケットチーフは入れないといった小物の扱いを間違えないようにしよう。

カフスボタンはつけてもかまわないが、目立つ宝石のものは避けること。和装を選ぶなら、五つ紋の黒羽二重と仙台平の袴という結婚式の新郎のようなスタイルが正装になる。ただし、慶事と違って扇子を持ってはならない。

弔事のときの女性のメイク

悲しみの場へ参列するのだから、女性の化粧はおのずとそれにふさわしいものになるはず。すべて控えめが基本で、アイシャドウと口紅はつけないほうがいい。もし使うにしても、できるだけ肌の色に近いブラウン系のシャドウ、口紅も自分の唇の色に似たものにしておく。マニキュアも同じで、目立たない色を選ぶこと。

アクセサリーは結婚指輪だけ

喪服の正装では、女性はアクセサリーは原則禁止だ。ただし、例外があって、既婚の女性は、結婚指輪だけはつけていてよい。また、真珠を使ったものもOK。指輪にしてもネックレスにしても、その形が涙を表すものと受け止められているので、身に着けてかまわない唯一の宝石とされている。時計はアクセサリーに含まれないからつけていてかまわないが、これも地味なものにしておくのが無難だ。

故人と親しい男性の正装

男性が喪主を務めるとか葬儀委員長の役をしなければならないとき、喪服の正装は洋装なら黒のモーニングコートになる。ベストはコートと共布の黒に限られ、白いシャツに結び下げのタイだ。ただし、モーニングコートは昼間の正装だから、着てもよいのは告別式のときだけで通夜には着ない。

子供は制服でもよい

祖父母やおじ・おばの葬儀に子供を連れていかなければならないとき、困るのはその服装だ。正式の喪服と定められたものはないが、学校の制服があればそれが喪服とみなされる。もちろん黒の詰め襟の学生服でないもので。

幼児などで制服がない場合、黒、紺、グレーなど地味な色の無地を選び、シャツ類は白、靴を黒にしておけばいい。ソックスは白でも黒でもよい。

感想

図解を自分なりに解釈してみました。

このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く