成功者は、感情コントロールし、話術を磨き、頭がいい事を嫌味にしない。

28771viewsvioletReadervioletReader

このエントリーをはてなブックマークに追加
あなたの話の9割は相手に伝わっていません。

感情と話し方のスキルの重要性

  • あがる人は、実力の半分も発揮できず、周りに伝わらない。だからこそ、感情コントロールと話し方を身に着けると出来る人と見られるようになる。

頭がいい人ほどあがりやすい。

  • 頭がいい人ほど、色々と考えすぎて、あがっている状態になりやすい。
  • あがっていると、頭がいい人でも、そうでない人に見える。
  • 話し方のテクニックを身につける前に、あがらないように、感情をコントロールできるようにする。

感情コントロールで得られるもの

  • 感情をコントロールすれば、高評価、好印象、高実績を挙げられるようになる。
  • 感情のコントロールができると、話し方を活用できるようになり、人生の成功に近づく。

感情コントロール

緊張度に合わせて、聴衆の意識を変えると良い。

  • 緊張してガチガチの場合は、人を野菜だと思って、リラックスできるようにする。

それなりに緊張している場合は自分が周りより優れていると思って、自信を持てるようにする。

  • あまり緊張していない場合は、下記のテクニックを用いて工夫してみる。

スマイルを大事にする

  • 余裕や自信というメッセージになる。
  • 話のスタート時にはスマイルで場の雰囲気をよくする。
  • さらに、細かな動作をしないことや、出来る限りゆっくりと動作することが出来たらよい。

話し方

結論の言い方

  • ネガティブな話では結論を後に、それ以外の話では結論を先に。
  • ネガティブな内容はあいまいに切り出して、結論から言わないようにし、苦渋の状態であることを伝えること。

ナチュラルスピードで話す方が簡単

  • 自分らしくないスピードで話して、聞き取りにくい人は意外に少ない。
  • スピードよりい指揮したことがよいこととして、

  ① 語尾をはっきり発音する。
  ② 話の間に充分な間を取る。

納得してもらう話し方

  • 頼み事、褒め言葉には理由をつけよう。理由があるからこそ、気持ちがこもる
  • 反論されたら、「売り文句」にしたり、あっさり認める。

接続詞でスムーズに話す

  • 相手と違う意見でもいったん認めて、「そこで」「さらに」と、自分の場合はこう思うと繋げる。
  • 相手への呼びかけは「皆さん」では伝わらない。(名前やあなたと言ったり、主語を省く)
  • 相手が尊重する接続詞を使う。

  ① 「要するに」「つまり」で、人の意見をまとめ、理解を示した上で、一言自分の意見を入れる。
  ② 「とはいっても」「とはいうものの」と言い、客観的に、「あなた」も「自分」の意見はアリと伝える。

難しいことを上から目線で言わないコツ

  • 難しい話は、「ご存知のように」とつけてから、分かりやすく説明して、話し終わる頃には理解してもらう。
  • あまりに難解な話は、「自分もついこの間知った」と言う。
このまとめと関連のあるカテゴリー

関連まとめ

本のまとめカテゴリー


コメントを書く